おむつのにおい対策!いますぐできる消臭方法とは

毎日消費するおむつのゴミは、意外とすぐに溜まってしまいがち。
赤ちゃんのうんちはゆるい場合が多く、トイレに流すが難しいだけでなく、ゴミ箱に入れると夏場はにおいが気になってしまいますよね。
使用済みおむつのにおい対策の商品も多く販売されていますが、今回は家で簡単にできる消臭対策や処理方法をご紹介します。

おむつがにおうのはなぜ?

おしっこやうんちを含んだ使用済みのおむつを、そのままゴミ箱に放置してしまうと、時間の経過とともに蒸れたような悪臭が漂ってきます。においの原因を知り、におい対策を行いましょう。

おしっこのにおいの原因

おしっこの主成分はアンモニア。このアンモニアと空気が触れ合うとアルカリ臭が発生します。
つまり、おしっこの成分のアンモニアが空気に触れているため、使用済みのおむつがにおってしまうのです。

うんちのにおいの原因

うんちは、体調が悪かったり腸内環境が悪く悪玉菌が増えたりすると、においがキツくなる傾向があります。
そもそもうんちは食べ物のカス。長い時間をかけ体内で食べ物の分解を行った後に排せつされるため、腐敗臭がします。この腐敗臭は酸性臭と呼ばれる臭気です。

今すぐできる消臭方法をご紹介!

ゴミ袋の山

消臭剤を使わなくても、ちょっとした工夫でにおいを軽減することができます。
家にあるもので簡単にできるので、忙しい人やコスパが気になる人は、ぜひ試してみてくださいね。

ゴミ箱に蓋をする

一番簡単にできる対策は、蓋付のゴミ箱を使うことです。
密閉度が高く、蓋にロックがかかるようなものを選ぶと、おむつからでるにおいは気にならなくなるでしょう。

うんちはトイレに捨てる

赤ちゃんのうんちは柔らかくてトイレに流すのが困難な場合があります。
そこでトイレットペーパーを使ってうんちをトイレに流すようにすると、おむつからでるにおいの原因はかなり減少させられます。

ポリ袋で密封する

使用済みのおむつを捨てる際、1回ごとにポリ袋に入れて、口をしっかり縛って密封することでにおい漏れを防げます。また、前段の通りおしっこのアンモニア臭は空気に触れるとにおいが少しずつ強くなるので、空気を遮断することでにおいを軽減する効果も期待できます。

最近では、ゴミ箱と一体になっていて、捨てればおむつを一つずつ密閉して臭いが漏れにくいタイプや、医療用に開発された特殊な素材を使用しているおむつ専用ポリ袋などが市販されています。持ち運びに便利なタイプもあるため、お出かけの際の必需品になるかもしれません。

ゴミ袋をベランダに置く

ベランダや屋外にゴミ箱を設置し、においの元を外に出してしまえば室内でにおいに悩まされることはありません。

ただし集合住宅などのベランダでは近隣の迷惑になる場合もあるので、しっかり蓋が閉まる屋外用ゴミ箱を用意するといいでしょう。倉庫や納戸などがある場合はその中に保管しておけば、鳥や動物がゴミ袋を破ってしまうこともないのでおすすめです。

コーヒーのカスやお茶殻を入れる

消臭効果があるコーヒーの豆カスや、お茶殻をよく乾燥させてから、使用済みおむつの入ったゴミ箱に入れるのも効果的です。
おむつの量に合わせて、コーヒーの豆カスやお茶殻の量を増やすと、より効果が期待できます。

消臭効果のあるグッズをご紹介!

おむつのにおい対策の消臭効果グッズは、赤ちゃん製品売り場やドラッグストアなどで販売されています。上手に取り入れて、におい対策を行いましょう。

重曹をおむつやゴミ箱にかける

重曹は掃除や料理にも使える便利な商品です。消臭効果があり、多くの家庭で使われている重曹は使用済みおむつのにおい対策にも大きな効果を発揮します。
また弱アルカリ性の重曹は、においの原因である酸性臭を中和する効果があります。使用済みのおむつに直接重曹をふりかけたりおむつの入っているゴミ箱にかけたりすることで、ゴミ箱のにおいを軽減できます。

おむつ専用のゴミ箱を使用する

おむつ専用として販売されているゴミ箱は密封性に優れているので、におい漏れを防げます。中にはおむつ1つ1つをポリ袋に包み、ゴミ箱に入れるような仕組みのモノもあります。おむつのにおい対策に特化しているため、普通のごみ箱よりやや高価ではありますが、においが気にならなくなり簡単に始められる人気の高い商品です。

消臭シールをゴミ箱の裏にはる

蓋の裏に消臭シールを貼るのも効果的です。簡単に取り付けることができて、取り替え期間もわかりやすいのでおすすめです。

おむつのにおい対策を重ねて行えばより気にならない

キレイなおむつに喜ぶ赤ちゃん

おむつのにおい対策をいくつかご紹介しましたが、1つだけを実践するのではなく、いくつか組み合わせて実践することで、においはほとんど気にならなくなり快適に過ごせます。
気温が高い室内や、直射日光の当たるような屋外ではなく、風通しの良く涼しい冷暗所にゴミ箱を設置したりする工夫をプラスすれば、おむつのにおい対策になるのではないでしょうか。