保育園の作品の収納方法!おしゃれに飾る手段と便利グッズ

保育園で子どもたちが作ってくる折り紙の「おひなさま」や「こいのぼり」、父の日や母の日に描いてくれたパパやママの似顔絵など、思い出に残る作品は多いものですよね。でも、取っておきたいけど収納場所に困ってしまう……、なんていうことはありませんか。

そんな収納場所でお困りの方のために、今回は収納に便利なグッズやおしゃれに作品を飾る方法をご紹介します。

保育園の作品は取っておくべき?

可愛い収納ボックス

保育園で作った作品はどれも子どもたちが一生懸命作ったもの。パパやママに見てもらいたくて、毎日のように何か持って帰ってきます。たくさんの作品を、できるだけ取っておきたいですよね。

一時保存BOXを作っておく

子どもが持って帰ってきた作品を、保管しておくのか、捨ててしまうのかは判断が付きづらいものです。そこでおすすめなのが、一時保管用の収納ボックス。
すべての作品を保管しておくことは難しいですが、すぐに捨ててしまっては子どもががっかりしてしまう可能性があります。一時的にまとめて保管するための収納ボックスを用意しておくと、作品自体も楽しめますし、将来に向けて保管しておくべきものの判別もつけやすくなるので便利です。

吟味して保管するものを決める

子どもが持ち帰った作品は、収納ボックスに一時保管してから、残すのか捨てるのかゆっくり吟味して決めるのがおすすめ。子どもは新しい作品をどんどん作ってきますので、古い作品は飽きてしまうことも。お気に入りのものや、思い出深いものがあったときに子どもと一緒に作品を選べば、保管の理由も生まれますね。

作品を収納するときに便利なもの

子どもが作った作品は、厚みやサイズがバラバラで、すっきり収納するのは至難の業ですよね。でも最近は、収納に便利なグッズや活用方法がたくさんありますので、ぜひ活用してみてくださいね。

フタ付きのボックス

毛糸やフェルト、折り紙の工作作品はホコリや汚れが付きやすいもの。作品を守るためには、フタ付きの収納ボックスを使うとすっきりします。作品を守るので、長期の保管方法としても向いています。

クリアファイル

折り紙で作った小さな作品やバッジなどは、100円ショップで購入できるクリアファイルやクリアフォルダに入れて保存するのがおすすめです。バラバラになりそうなものは、チャック付きの保存袋に入れてからクリアファイルで保管すれば、横にしてもこぼれてきません。

カメラ・フォトブック

大きな作品や形がいびつなもの、かさばるものはカメラで撮影してデータとして残すのがおすすめ。その写真を印刷して、フォトブックに見やすくまとめておくと、作品を振り返りたいときに便利ですね。

成長とともに増える作品をアートに!

作品をアートに!

成長とともに変わりゆく子どもたちのアート作品。今しか描けない絵もたくさんあるのに、捨ててしまうのはもったいない!そんなときは、ご家庭を彩るアート作品として飾るのもひとつです。

ひと手間かけて額に入れる

賞状やパズルを入れる額に子どもの絵を入れて、リビングや子ども部屋に飾ってみるのも一つの方法です。子どもが描いた絵はとっても華やかでパワーあふれるもの。きっとお部屋を明るく彩ってくれます。

写真を撮ってコラージュする

飾るスペースが少ない場合、作品を写真におさめてコラージュすると少ないスペースを有効活用できます。
センスよく写真のコラージュができるフレームを無料で提供しているサイトもたくさんあります。SNSなどにもアップできるため、作品を共有したいママにもおすすめです。

写真やプリントを専門としている会社でも、“デザインコラージュプリント”を行っています。子どもたちの作品をプロの手で仕上げると、また違った魅力が引き出されるかもしれませんね。

工夫次第で子どもの絵が立派な美術作品に

子どもの作品の収納ポイントは下記の3点です。

  • 一次保管ボックスを用意しておく
  • 収納に最適な方法を選択する
  • 工夫次第でおうちのインテリアにもなる

子どもの作品は成長にともなって変わっていくので、今を逃すと二度と手に入らないものばかり。何十年後、子どもが大きくなってから見返すと、すべての作品がかけがえのない大切な思い出となります。たくさんの思い出を残せるように、ご家庭に合った形でいろいろな工夫をしてみましょう。