保育園はロンパースNG!?その理由と他のおすすめ肌着

保育園に入園すると、持ち物や衣類などを指定される場合があります。下着もその1つです。ロンパースがNGだと聞いて困っているママも多いのではないでしょうか?

今回は、なぜロンパースNGの保育園が多いのか、その理由とロンパース以外におすすめの肌着についてご紹介します。

ロンパースがダメな理由とは

ロンパースを保育園でNGとするのには理由があります。ここではNGの理由について、詳しく見ていきましょう。

脱がせづらいから

保育園では大勢の子どもたちのおむつ替えや着替えのサポートを行います。保育士の稼働時間にも影響が出るため、おむつ替えはまさに時間との勝負です。
ロンパースでは、おむつ替えの時にボタンを外す、留めるという動作が加わるため時間がかかります。遊びや食事の中で衣類が汚れ、着替えをすることが多い保育園児。早く遊びたい子どもたちはじっとしてくれないことも多々あります。子どもの遊びたい気持ちを尊重するという意味でも、着替え時間の短縮が重要で脱がせづらいものは避けたいという意図があります。

お着替えの練習ができない

保育園の時期は、基本的な生活習慣を身につける時期でもあります。
着替えもその1つ。ロンパースはボタンがあるため、必ず保育士さんに手伝ってもらう必要がありますが、ボタンがなければ自分で着替えられたという達成感を持って練習できます。
また肌着と同様に、洋服も上下別のものを選びましょう。自分でズボンが履けた、シャツが脱げたという着脱経験は自立の第一歩になるからです。

ロンパースがOKなこともある

ソファで寝るロンパースの赤ちゃん

ロンパースはNGが多い保育園ですが、中にはOKな場合もあります。その理由についてご説明していきます。

ハイハイ時期の赤ちゃん

ハイハイの時期の赤ちゃんは、動いているうちにすぐにお腹が出てしまいます。そのため、お腹を冷やさないようにという配慮から、ロンパースを許可している保育園もあります。

園によってルールの違い

保育園にはそれぞれ違った特色やルールがあります。服装1つを挙げても同じことです。
0歳児クラスであっても、ロンパースはNGという園もあれば、自立歩行ができる前までならばロンパースOKという園もあります。なぜ、園によって違いが出るかというと、保育環境や保育方針が異なるからです。
ルールを守ることを前提に、理由が知りたいというときには尋ねてみるのも1つの方法ですね。

つなぎ以外の肌着でおすすめなものは?

お着替えをさせるママ

自宅でロンパースを使ってきたママにとって、どんな肌着を用意すればいいのか迷ってしまいますよね。ここでは、年齢別におすすめ肌着をご紹介します。

0歳なら短肌着

0歳のねんね時期の赤ちゃんにおすすめなのが短肌着です。胸の部分で結ぶタイプで赤ちゃんの身体にフィットしやすく、デリケートな肌にピッタリの素材のものがたくさん販売されています。腰がすわっていない赤ちゃんは、肌着を広げた上に寝かせて簡単に着替えができます。
お座りが安定し、ハイハイを始めた赤ちゃんは、紐を結んでいる間もじっとはしてくれていないので、頭から被るタイプの肌着に替えていきましょう。

1歳過ぎたら頭から被る肌着

1歳を過ぎたら頭から被る肌着をおすすめします。
その理由として、活動量が増え簡単に着脱ができるものを選ぶということと、着替えの練習のためです。1歳を過ぎ、肌着を頭からかぶせてあげると自分で腕を通そうとしたり、自分で脱ごうとしたりする仕草も見られるようになります。着脱の自立に向けて、頭から被る肌着を選びましょう。

保育園は基本的にはロンパースNG!発達に合った肌着を選ぼう

今回の記事でお伝えしたポイントは下記の3点です。

  • ロンパースNGの理由は、着替えの時間短縮と子どもの自立のため
  • 保育園OKな場合も、歩き始めたらロンパース以外の肌着がおすすめ
  • 年齢や発達に合った肌着を選ぶことが大切

保育園でロンパースがNGな理由は、おむつ替えや着替えの時間短縮、子どもの着替えの練習に支障が出ることが挙げられます。
年齢や発育状態に応じて、短肌着と頭から被る肌着などを使いわけ、保育園での成長環境をサポートしてあげることも大切ですね。