お食い初めで食べさせる人は誰?正しいマナーを解説!

お食い初めは、赤ちゃんの成長をお祝いする大切な行事です。ご家庭によっては、祖父母や親戚などが自宅に集まり、皆さんでお祝いをするケースもあるでしょう。では、お食い初めを行う場合、誰が赤ちゃんにご飯を食べさせればよいのでしょうか。

今回の記事では、お食い初めで誰がご飯を食べさせるべきか、正しいマナーについてご紹介します。

誰が食べさせる?

祖父母と赤ちゃん

お食い初めに参加するのは、基本的に赤ちゃんの両親と、両家の祖父母です。日ごろから親しくしているのならば、その他の親戚を招待するのもいいかもしれませんね。

赤ちゃんに食べさせる役は、一般的に「同性の年長者」とされています。祖父母がお食い初めに参加している場合は、赤ちゃんが男の子ならば祖父、女の子ならば祖母に任せるとよいでしょう。年長者が食べさせることには、「赤ちゃんが長寿にあやかる」という意味があり、食べさせる人を、特別に「養い親」と呼びます。

パパとママだけで行う場合はどうする?

ご家庭によって事情が異なるため、お食い初めに必ず祖父母や親戚が参加するとは限りません。では、パパとママだけで行う場合は、誰が赤ちゃんに食べさせればよいのでしょうか。

パパとママだけでお食い初めを行うときも、「同性の年長者が食べさせる」という点は同じです。赤ちゃんが男の子の場合はパパが、女の子の場合はママが食べさせるとよいでしょう。

地域や家庭によって「食べさせる人」は異なる

お食い初めで写真!

お食い初めの儀式には、地域やご家庭によって独自の風習がある場合もあります。母方の風習と父方の風習が異なるケースもあるため、事前にすり合わせをしておくと、スムーズに進みやすくなるでしょう。

参加した人全員で交代して食べさせるケースも

お食い初めに参加した人全員が、交代しながら赤ちゃんに食べさせる場合もあります。お食い初めでは、「ご飯、お吸い物、ご飯、焼き魚、ご飯」の順番を3回繰り返したあとに、歯固めの儀式を行います。これは箸で歯固め石に触れてからその箸を赤ちゃんの歯茎に軽く触れ、石のように固い歯が生えてくることを願う儀式です。

ただし、あまり頻繁に箸を持つ人が変わったり、赤ちゃんを抱っこする人が変わったりすると、赤ちゃんも落ち着きませんし、思わぬ事故を招くこともありますので、適度に交代をしながらおこないましょう。

ママが食べさせる場合もある

ママの抱っこでなければ泣いてしまうという赤ちゃんもいます。このような場合には、お食い初めの風習や参加者の顔ぶれに関係なく、ママが代表して赤ちゃんに食べさせるのがいいでしょう。または、「ママが赤ちゃんを抱っこして、食べさせるのは同性の年長者」というのもいいかもしれません。

お食い初めは、赤ちゃんの健やかな成長を願う儀式です。赤ちゃんに負担がかかることを強いては、本末転倒になってしまいます。

お食い初めで食べさせる役は同性の年長者が基本

お食い初めで誰が食べさせるかを考える際のポイントは、次の3点です。

  • 赤ちゃんに食べさせるのは、「同性の年長者」
  • パパとママだけで行うときは、赤ちゃんの性別に応じてどちらかが食べさせる
  • 地域や家庭によって独自の風習がある場合もある

お食い初めで赤ちゃんに食べさせる役は、基本的には赤ちゃんと同性の年長者です。祖父や祖母にお願いするといい記念になるでしょう。地域や家庭によって独自の風習がある場合はそれに従います。また、ママが抱っこしなければ泣いてしまうという赤ちゃんには、ママが食べさせても問題ありません。赤ちゃんの健やかな成長を願う気持ちを忘れずに、柔軟に対応していきましょう。