お食い初めは内祝いが必要?送り方から相場まで解説します!

お祝いをいただいた際に、お返しのような意味合いで送る内祝い。しかし、「お食い初めのときにお祝いもらったけど、これは内祝いが必要なの?」「そもそもどんな物を送ればいいの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?当日来ていただいた方には必ず送る必要はありませんが、お礼の品を贈らなければいけないケースもあるのです。

そこで、今回はそんなお悩みを解決するため、お食い初めでは内祝いが必要になるのか、またその相場やお礼の品の送り方など詳しく解説します。

お食い初め時の「内祝い」の意味

日本にはさまざまな祝い事がありますが、内祝いにはどんな意味があるのでしょうか。
昔と今では内祝いの意味が違うのですが、その「お食い初めの内祝い」の意味合いや捉えられ方について、ご紹介します。

お食い初め時の内祝いの意味

本来は、「自分や家族などの身内」にお祝い事があったときに、日頃からお世話になっている方々に対して、報告を兼ねてお祝いの品を贈ったり、宴の席に招待したりすることを「内祝い」と呼んでいました。

しかし現在では、学校や仕事を通じて人付き合いが増え、結婚や出産などでお祝いの品をもらう機会が増えました。そういった背景もあり、内祝いとお祝い返しを分けずにどちらの意味も合わせて内祝いとするようになりました。

内祝いをしないケースが一般的。しかし……

お食い初めの場合、お祝いを頂いても内祝いを送ることはなく、
お食い初め当日に食事でおもてなしをすれば、その食事でのおもてなし自体が内祝いになるとされています。

しかし、内祝いを贈らないと、人によっては快く思わない方もいらっしゃいます。また、お食い初めに招待していない方からお祝いを送っていただいたり、遠方から時間とお金をかけてお祝いに駆け付けてくれたりする方もいらっしゃいますよね。

内祝いはどんなものを送るべきか

財布を持つママと赤ちゃん

内祝いには、金額だけでなく熨斗(のし)にもいろいろな決まりがあります。
せっかくお祝いをしてくださった方に不快な思いをさせないよう、正しいマナーをしっかりと把握しておきましょう!

費用の相場は3,000円くらいからが多い

お祝いを頂いた場合は、お祝いの品の2分の1から3分の1の金額を目安にお返しをしましょう。もし、高価な品物だった場合は、+αの気持ちを添えてのお返しが好ましいとされています。逆に、リーズナブルなお祝いを頂いた場合は、頂いた品よりも高価な内祝いを送ると失礼になるため、十分に注意しましょう。

何を送ればいいの?

お礼の品は、お食い初めのときの写真を添えてお礼状を出すか、菓子や日用品のセットを内祝いとして贈るといいですね。

送るときは子供の名前で送る!

赤ちゃんの内祝い

熨斗(のし)の表書きは、上の段に内祝いと書き、下の段は子どもの名前を書きましょう。
「親の名前じゃないの?」と、思いがちですが、内祝いの記名は、お祝いをしていただいた当事者の名前を書きます。つまり、お食い初めの席での主役は子どもとなるため、熨斗(のし)には子どもの名前を書きます。

お食い初めの内祝いで外してはいけない3大ポイント

お食い初めで内祝いを送るときは、以下のポイントをしっかり守って行いましょう!

  • お礼状を送る場合は、当日の記念写真を添える
  • 品物を送る場合は、頂いた品の3分の1から2分の1の金額を目安にする
  • 熨斗の表書きは、子どもの名前を書く

お食い初めは、赤ちゃんが一生食べ物に困らないようにするための大切な儀式です。ご紹介した方法で、お祝いをして下さった方にも喜んでいただけるよう、マナーをしっかりと把握し、適切な内祝いを送るようにするといいかもしれませんね。