お食い初めには誰を呼ぶべき?参加者を選ぶ基準と役割について

昔から、赤ちゃんの生後100日ごろには、成長したお祝いと「一生食べ物に困らないように」という願いを込めて、「お食い初め」が行われてきました。現在は儀式の方法が簡易的になってきていますが、お食い初めを実施するご家庭は多い傾向にあります。では、そんなお食い初めを行う際には、誰を呼べばいいのでしょうか。

今回の記事では、お食い初めに誰を呼ぶべきか、また、参加者を選ぶ基準や参加者の役割などについてご紹介します。

お食い初めはパパママ+祖父母が多い

お食い初めの参加者として多いパターンは、パパママ+祖父母です。それぞれの住んでいる場所にもよりますが、住まいが近ければ祖父母と一緒にお祝いすることが多いようです。

必ず祖父母を呼ばなくてはいけないというわけではないので、パパママと赤ちゃんにとって一番いい方法を選びましょう。

呼ぶ人に合わせて、祖父母の家やお店で行うケースもある

家族団らん

お食い初めに祖父母や親戚を呼ぶ場合、祖父母の家や、料亭、ホテルなどに集まるケースもあります。祖父母の家に集まると、祖母がお祝い膳を準備してくれる場合もあるほか、料亭やホテルでは、お食い初めプランをお願いすることも可能です。

生後100日前後といえば、赤ちゃんもママもまだ体調が安定していない時期。お祝いといっても、無理をし過ぎないことが大切です。自宅でお食い初めをする場合でも、パパママがお祝い膳を作るのが大変だと感じたら、無理せず仕出し品に頼りましょう。

赤ちゃんと同性の「長寿の人」が担うお仕事

家族に囲まれた赤ちゃん

昔はお食い初めに親戚や知人、近所の方なども呼んで、大人数で盛大にお祝いしていたそうです。その際、参加者の中で一番長寿の人は「養い親」と呼ばれ、赤ちゃんを膝の上に抱いて、料理を食べさせるまねをするという役割がありました。これには、長寿の人にあやかって、赤ちゃんの健やかな成長と長寿を願うという意味があるそうです。祖父母と一緒にお祝いする場合は、養い親を担ってもらうといいでしょう。

また、料理を食べさせるまねをするのは、「赤ちゃんと同性の養い親」とされています。赤ちゃんが男の子なら祖父に、女の子なら祖母にお願いするといいですね。お食い初めの正しいルールに悩んだら、祖父母に聞いてみるといいでしょう。ちなみに、パパとママだけでお祝いする場合は、赤ちゃんが男の子ならパパが、女の子ならママが養い親を担うといいでしょう。

祖父母も誘ってお食い初め。赤ちゃんの成長のお祝いをしよう!

お食い初め当日の準備について考える際のポイントは、次の3点です。

  • 一番多いパターンはパパママ+祖父母
  • 自宅や祖父母宅、料亭やホテルなど、参加者全員が集まりやすい場所で行ってOK
  • 赤ちゃんと同性で長寿の人が「養い親」となり、食べさせるまねをする

お食い初めは生後100日頃に行う節目の行事です。一度しかないお祝いですから、祖父母やその他の親戚など、なるべく大勢でお祝いをしてあげたいですね。ですが、お祝いの準備を産後のママだけでするのは大変です。無理せずお店を頼ったり、祖父母に協力してもらったりしながら進めてみましょう。