七五三は男女で異なる?年齢や衣装の違いと地域差を解説

子どもの成長をお祝いする「七五三」。男女によって、お祝いする年齢や衣装が異なることをご存じでしょうか?これはそれぞれの年齢において、お祝いに違った意味が込められているためです。今回の記事では、男女の七五三の違いについて詳しく解説していきます。

七五三をする歳は男女で違う?

七五三は子どもが3歳、5歳、7歳の時に実施する行事ですが、すべての子どもが3回ともお祝いするわけではありません。男の子と女の子では、お祝いする年齢が違うからです。それではどのような違いがあるか見ていきましょう。

男女で異なる七五三

七五三は、男の子が3歳と5歳、女の子が3歳と7歳にお祝いします。3歳の時だけは男女どちらもお祝いしますが、5歳と7歳は異なります。ですが、地域によって異なるケースもあるので、ご両親や親戚の方に地元の風習を聞いておくといいですね。

お祝いの年齢が異なる理由とは?

男の子と女の子でお祝いの年齢が違うのには理由があります。次にそれぞれの年齢のお祝いがどのような意味を持つのか見ていきましょう。

【3歳は「髪置の儀」】
3歳は男の子も女の子も七五三のお祝いをします。3歳の七五三は「髪置(かみおき)の儀」といい、子どもたちが髪を伸ばし始める儀式が由来です。昔は男女とも3歳までは坊主頭にする風習があり、幼い頃に髪を剃っておけば、健康な髪が生えてくると信じられていたそうです。

【5歳は「袴着の儀」】
5歳は「袴着(はかまぎ)の儀」といい、男の子だけがお祝いをします。5歳になると男の子が初めて袴を着ける風習があり、これで男性の仲間入りをするという意味があります。

【7歳は「帯解の儀」】
7歳は「帯解(おびとき)の儀」といい、女の子だけのお祝いです。6歳までは子ども用の紐付きの着物を着ますが、7歳を迎えて大人と同じように着物に帯をしめるようになり、大人の女性の仲間入りをします。

地域によっても異なる

七五三のお祝いの仕方は、地域によっても異なります。たとえば、3歳では男の子と女の子のどちらもお祝いするのが一般的ですが、関東では女の子しかお祝いをしない家庭が多くなっています。
いつ七五三のお祝いをするか迷ったら、ご両親や親戚に地元の風習を聞いてみてはいかがでしょうか。現在のお住まいが地元でない場合は、近所のママ友に聞いてみるのも参考になります。

男女それぞれ衣装はどうする?

3歳の七五三

七五三のお参りや写真スタジオでの撮影には、男女それぞれどのような衣装を選べばよいのでしょうか。

男の子の衣装

3歳の男の子の衣装は、和装なら被布(ひふ)か羽織袴があります。5歳の七五三で羽織袴を着るので、3歳なら今しか着ることがない被布がおすすめです。被布は足さばきが楽で、動きやすいというメリットもあります。男の子用の被布は、鷹や虎などが描かれ、色は水色など明るめの色が人気です。

5歳の七五三は「袴着の儀」なので、衣装は羽織袴になります。3歳の七五三の頃よりも凛々しくカッコいい衣装となり、色は青や白などが人気です。
子どもが和装や草履を嫌がる場合、写真館で撮影だけして、神社へのお参りはスーツにするという方法もあります。

女の子の衣装

3歳の女の子の衣装は、三つ身に被布が一般的です。ピンクや黄色、赤などが人気となっています。柄は花や蝶、いちごなど、古典的な柄に女の子が好きなモチーフがミックスされたタイプが人気のようです。

7歳になると、大人と同じ帯を結ぶようになるため、3歳の七五三よりもずいぶん大人っぽい衣装になります。古典的な柄で、色は水色や薄い紫が人気だそうですが、7歳になると好みがはっきりしてきて、自分で好きな着物を選ぶ女の子も多いようです。

洋装で参拝するなら、ワンピースやスーツなど、きちんとした印象の服を用意しておきましょう。和装で参拝した後、食事会はワンピースに着替えるというケースも多くなっています。ワンピースやドレス、着物ドレスなど、着替えられる服を用意しておくとよいでしょう。

男女の兄弟・双子の七五三はいつ実施する?

男女の七五三

兄弟がいる家庭では必然的に七五三の回数も増えますが、タイミングを合わせて一緒に実施する家庭もあります。
たとえば姉が7歳で弟が4歳の場合、姉は満7歳、弟は数え歳で5歳となるため、同じ年に七五三をするケースがあります。七五三は数え年で実施するのが一般的でしたが、最近は満年齢で行う家庭も増えています。

また、男女の双子の場合、2年に1度七五三を実施することになるので、3歳のときだけお祝いするという方法もあります。子どもの様子や家庭の状況を考えて、七五三の時期を決めましょう。

七五三の意味を理解して成長を祝おう

七五三のお祝いは、多くて2回、地域によっては男の子が1回だけの場合もあります。年齢が上がるにつれ、衣装も大人っぽくなり、子どもの成長を実感できるでしょう。
七五三のそれぞれの歳に込められた意味を理解して、素敵な七五三のお祝いをしてくださいね。