七五三の父親の服装はスーツが一般的!和装や普段着はOK?

子どもの成長を祝う七五三。かわいい衣装でドレスアップした子どもの写真を撮影したりするご家庭は多いですよね。ですが、付き添いである父親の服装については、考えるのを後回しにしてしまうケースも多いのではないでしょうか。

今回の記事では、七五三当日に父親が着ていく衣装と、そのマナーについて詳しくご紹介します。

父親の服装を決める基準とは?

七五三で記念写真を撮る場合にふさわしい、父親の服装についてご紹介します。

七五三では子どもが主役

「七五三」の主役は子どもです。付き添いである父親の衣装は、主役の子どもを引き立てるように、派手過ぎないものを選びましょう。もちろん、母親の衣装も同様です。

母親の服装とそろえる

父親の服装は、母親の服装と同格となるようにそろえることが大切です。子どもが着物で、母親も着物やフォーマルスーツを着る場合には、父親も礼服などフォーマルスーツを着ます。お子様が着物でも、母親がワンピースやスーツの場合には、父親もビジネススーツやカジュアルスーツでよいでしょう。

父親の服装は「スーツ」が基本?

手をつなぐパパと子ども

子どもが和装でも洋装でも、父親の服装はスーツが一般的です。基本的には、ビジネススーツを着用するとよいでしょう。ネクタイやワイシャツは、派手過ぎないデザインやカラーがおすすめです。
ここでは、七五三にふさわしい一般的なスーツやネクタイ、ワイシャツの選び方をご紹介します。

ビジネススーツが一般的

七五三では、ほとんどの父親がスーツを着用しており、紺やグレーなど、暗めな色のビジネススーツが一般的です。普通のビジネススーツ以外にも、ストライプ柄やコーデュロイ生地、ツイード生地のスーツで控えめなおしゃれを楽しむのもよいかもしれませんね。

ネクタイは無地・明るめのものを

七五三は慶事なので、ネクタイは明るめの色を選ぶといいでしょう。えんじ色のネクタイは、写真映えがいいといわれているほか、ドット柄やチェック柄、ペイズリー柄は華やかな印象を与えます。ただし、写真スタジオで記念の家族写真を撮影する場合、柄が入ったネクタイは写真映えが悪いことがあるため、注意が必要です。

ワイシャツは白・水色・ピンク

ワイシャツは白いものが一般的ですが、紺やグレーといったダーク系のスーツの際は、淡い水色や淡いピンクのワイシャツを合わせるのもおすすめです。スーツの色やデザイン、ネクタイとのバランスを考えてワイシャツをコーディネートしましょう。

和装・礼服・普段着での参拝はOK?

パパに肩車される男の子

父親の服装はスーツが一般的だとご紹介してきましたが、和装や礼装など、スーツ以外の服装で参拝しても問題はないのでしょうか?
ここでは、スーツ以外の服装での参拝についてご紹介していきます。

和装

子どもと母親が和装の場合は、父親も羽織袴や紬といった和装を選ぶことがあります。その際は、子どもの衣装より目立たないように、黒やグレーなど、ダークな色の袴を選ぶと派手になりません。

礼服

母親が和装やブラックフォーマルを着る場合は、父親もブラックスーツを着ることで、「格」のバランスが取れます。礼服にはモーニングコートやタキシード、燕尾服などさまざまな種類がありますが、七五三ではブラックスーツ以外の礼服はあまり選ばれません。

普段着

子どもがワンピースといったカジュアルな服装の場合には、父親も普段着でよいでしょう。ただし普段着といっても、Tシャツやデニム、サンダルなど、ラフ過ぎる普段着は避けるのがマナーです。ジャケットにワイシャツとスラックスを合わせるといった、カジュアル過ぎない普段着を選びましょう。

七五三はマナーを守って子どもの成長を喜びましょう

七五三では子どもが主役です。両親の服装は子どもより目立たないように、父親と母親の服装は「同格」になるようにします。子どもが和装で、母親も和装もしくはフォーマルスーツという場合以外は、父親はビジネススーツを選ぶとよいでしょう。七五三は子どもの成長を喜ぶためのもの。マナーを守って、ふさわしい服装を選びたいですね。