七五三当日の手土産は何がいい?渡すタイミングはいつ?

子どもの成長をお祝いする七五三は、両親だけでなく、祖父母や親戚にとっても喜ばしい行事です。親戚からお祝いをいただいたり、当日一緒にお参りしたりすることもあると思います。

今回の記事では、手土産の必要性や贈る品物の内容、当日渡せない場合の対応などについてご紹介します。

手土産は必須?

そもそも来ていただいた方全員に手土産を渡すべきなのか。また、手土産にどのような意味があるのかも気になるところですよね。

手土産を用意する意味

七五三で用意する手土産は、子どもが七五三を迎える前または当日にいただいたお祝いに対する感謝の意味合いが強いとされています。お祝いに対してのお返しとなるため、手土産の金額はお祝いの半額程度におさえるのが一般的です。

手土産を持参する必要はない

当日に持参する手土産は、必須ではありません。しかし、いただいたお祝いや遠方からきていただいたことへの感謝を伝えるために、このあとにご紹介する消えモノや食事会を準備しておくといいかもしれませんね。

手土産として選ばれているもの

七五三に行ってきた男の子

手土産はかさばらず、なおかつ万人受けするもの……と考えると、非常に迷うところです。一般的にはお菓子のような消えモノを手土産とすることが多いですが、実際にはどのようなものが選ばれているのでしょうか。

主な手土産

主な手土産の種類は、次のようになります。

【千歳飴】
長い千歳飴は、「子どもが長生きするように」という意味が込められた縁起物で、七五三らしい代表的な手土産とされています。価格が安く、最近はコンパクトなものもあり、持ち運びもかさばらないのでおすすめです。

【赤飯・紅白まんじゅう】
お祝いごと全般に使えるのが赤飯です。そのほか、お祝いごとをイメージさせる紅白まんじゅうや、生菓子なども人気があるようです。
赤飯や紅白まんじゅうは、専門店や和菓子屋さんで注文できることが多くなっています。縁起物といってもおいしいほうがいいので、近所に評判の和菓子屋さんがあれば訪ねてみてはいかがでしょうか。

【メッセージや名前が入ったお菓子】
近年は子どものお祝いごとに、子どもの名前や「ありがとう」というようなメッセージが入ったお菓子をオーダーできるようになりました。出産祝いの内祝いに利用したことがある人も多いのではないでしょうか。
マカロンやクッキーなどが人気で、かわいらしいデザインが多くなっています。ギフトショップに置いてあるカタログから注文できますが、オーダーメイドのため時間がかかるので注意が必要です。

「食事会」が手土産の代わりになる場合も

親戚や両親を食事会に呼ぶことで、お祝いのお返しとする場合もあります。たとえば、午前中に七五三で神社へ行き、その帰りにどこかのホテルや旅館、レストランなどで食事会をするなどです。費用は一人当たり3000円から1万円くらいが目安です。
後日、食事会をした際の写真を印刷して送ると、さらに喜ばれるかもしれませんね。

当日渡せない場合は

傘を持つ女の子

当日に手土産を渡せない場合は後日改めて届けることになりますが、相手の住んでいる場所によって、届ける方法が異なります。ここでは、手土産を届ける方法や送る時期などについて見ていきましょう。

郵送する

相手先が遠い場合には、後日郵送してもかまいません。通常、七五三の際は内祝いは必要ありませんが、郵送する場合には「内祝い」の、のしをつけるのが一般的です。

直接届ける

相手が近所であれば、子どもが着物を着ているうちに、一緒に行って直接手土産を届けると喜ばれます。しかし、子どもが疲れてぐずったり寝てしまったりして、連れていくのが難しいケースもあります。

いつまでに送ればよいか

内祝いを送る時期は、おおむね2週間~1カ月以内とされています。
しかし、名入りの商品などを注文した場合、1カ月以内に届かないときもあります。そのようなときは、「特別に注文した品なので、少しお届けが遅くなります」とひと言伝えておくとよいでしょう。

手土産はお祝いごとと伝わるものを

七五三の手土産を選ぶ際におさえておくポイントは、次の3点です。

  • 手土産は必須ではないので、食事会でもOK
  • 手土産は、七五三らしい千歳飴や、赤飯のような消えモノが一般的
  • 当日渡せない場合は、「内祝い」として1ヵ月以内に郵送する

今はいろいろと選択肢があり、七五三の手土産にどんなものを選べばよいか迷ってしまいますね。手土産を送る相手との親しさや、いただいたお祝いの金額などを考慮して、贈るものを選ぶとよいかもしれません。