おむつ替えは外出先でどうするの?必要なアイテムから処理の仕方まで

ご家庭では気軽にできるおむつ交換も、外出先では「場所がない!」「処理はどうすればいいの?」と悩みはつきませんよね。

そこで今回は、外出時のおむつ交換のときに気をつけたいことや必要なアイテム、使用済みのおむつの処理の仕方までご紹介します。

外出するときに気をつけたいこと

おむつ交換中の赤ちゃん

まずは、おむつ交換が必要な赤ちゃんと一緒に外出するときに気をつけたいことについて見ていきましょう。

外出先のおむつ交換スポットを調べる

近場や普段から利用しているお出かけ先などは、おむつ替えができる場所をだいたい把握しているものです。しかし、活動範囲を広げてみるとおむつ替えをできる場所が、なかなか見つからないということも。ターミナル駅や公共施設、百貨店やテーマパークといったおむつ交換台がありそうな場所はわかっていても、いざというときに見つからなくては困ってしまいますよね。外出先を決めたら、あらかじめおむつ交換ができるスポットを探しておくと安心です。

最近では、現在地付近のおむつ交換スポット以外にも授乳室までわかる育児にお役立ちのアプリが登場。“ママパパマップ”“Baby map”などの便利なアプリがあり、パパ・ママの強い味方になっています。

おむつの替えのタイミングは早めに

外出先でおむつからうんちやおしっこが漏れてしまうのは避けたい事態。早め早めのおむつ交換をしてあげるといいですね。外出時の赤ちゃんは抱っこ紐で抱っこされていたり、ベビーカーに揺られていたりして、いつもだったらおむつが濡れて泣くシーンでも泣かないケースがあるので注意が必要です。

コレがあると安心アイテムとは?

外出時のおむつ交換に必要なアイテムを確認しましょう。必須なモノからあると便利なグッズまで、ご紹介しますね。

おむつ替えに必須なモノ

■おむつ
外出先で交換することを考慮すると、成長度合いによっても変わってきますが、数時間の外出先であれば2枚~5枚前後のおむつを持っていくケースが多くなっています。
車での移動が前提になっている場合では、予備のおむつを最初から積んでおくのもいいかもしれません。

■お尻ふき
一概におしりふきといってもその種類はさまざま。肌に負担がかからないよう不純物を極限まで取り除かれた純度の高い水分を多く含んでいるタイプや、拭きやすいように波型になっているタイプなどもあります。また、外出先で荷物を増やしたくない方は、トイレに流せるタイプを使ってみてもいいかもしれませんね。

■ポリ袋(消臭効果があるもの)
外出先で悩むのが使用済みおむつの処理方法。ポリ袋に入れて持ち運ぶと、移動中はどうしても臭い漏れが気になってしまいますよね。
そこで知っておきたいのが防臭袋の”BOS”。3日経っても中の臭いが漏れてこないといわれており、おむつの臭いに悩む多くのパパ・ママから支持されています。

■予備のお着替え
ちょっとした買い物であれば必要ないケースもありますが、おむつが汚れて交換しなければいけない可能性が高い場合は予備の着替えを持参することをオススメします。また、汚れる原因はうんちやおしっこだけではありません。ミルクをこぼしたときや、汗をかいて着替えたいときにも予備があると安心ですね。

用意しておくと安心なモノ

■おむつ替えシート
おむつ替えシートは、おむつを変える際に赤ちゃんをシートの上に寝かせて使用します。おむつ替えの最中の粗相を防いでくれたり、衛生的な場所を確保できない場合に寝かせる場所を確保できます。
タイプによっては繰り返し使用できるモノから使い捨てのモノまで、さまざまなおむつ替えシートが販売されています。好みに合わせて選ぶといいですね。

西松屋の使い捨てオムツ替えシートはこちら

■おもちゃ
おむつ交換時に赤ちゃんの気を惹くために使用します。寝返りができるようになった赤ちゃんはじっとしていてくれないですものね。

■手指用のアルコール消毒剤
うんちには細菌が多く含まれています。さらにうんちやおしっこがおむつの中では体温によって菌が繁殖しています。そのため、手指の消毒はパパ・ママだけでなく赤ちゃんにとっても大切になってきます。
そこでアルコールの消毒剤を持参していると、手軽に汚れた手や物品を消毒できるようになります。赤ちゃんに直に触る手もきれいにしておきたいですね。

上記の他には、以下のものがあると便利です。

■ウエットティッシュ
パパ・ママの手が汚れてしまった場合や交換台などを除菌するのに使用します。アルコールが入っているタイプは赤ちゃんの肌には合いませんが、除菌効果の高いタイプを使用したいときはオススメですね。

■保湿剤
おむつかぶれは、汚れや蒸れが主な原因といわれています。
かぶれてしまわないように事前に保湿剤を塗るのですが、種類によっては肌に合わないケースがあります。お肌の状態を見ながら使い分け、肌にあったものを選ぶと赤ちゃんも安心ですね。

■ポーチ
おむつやおしり拭きなどをいれるために使用します。Rompbabyのおむつポーチでは、ショルダー型でおしり拭きがすぐに取り出せるタイプや予備のおむつを大量に収納できるタイプなどがあります。

外出時のおむつの処理が知りたい

おむつカバーをつける赤ちゃん

おむつ専用のゴミ箱へ

おむつ替えができる場所の場合は、専用のゴミ箱が併設されていることがほとんどです。専用のゴミ箱に捨てるときも、持ってきたポリ袋に入れて捨てるといいですね。次に使用する方にも優しい心遣いです。
しかし場合によってはゴミ箱がいっぱいで捨てられない可能性もあります。そういった場合は持って帰るためにも、おむつ専用の防臭袋を持参しておくのもいいかもしれませんね。

驚異の防臭袋 BOSはこちらで詳しくご紹介しています。
防臭袋 BOS公式サイト

おむつ専用消臭ポーチ

おむつ用のゴミ箱がない場合には、持ち帰りるのがマナー。トイレの汚物入れに捨てるのはNGです。おむつを持ち帰るときに活躍するのが、おむつ専用消臭ポーチです。消臭効果があるので臭いも気になりづらく、デザインもかわいいいものが増えているので、荷物に入れておいても使用済みおむつだとはわかりません。

赤ちゃんと楽しくお出かけしよう

  • お出かけ先のおむつ交換スポットを調べておこう
  • おむつ交換に必要なアイテムをまとめておこう
  • おむつの処理はマナーを守って気持ち良く

大変そうなおでかけも、先輩パパ・ママたちが経験した悩みを解決したアイテムが、おでかけをサポートしてくれます!ご紹介したアプリやアイテムを使って、赤ちゃんとのおでかけを楽しんでください!