お食い初めに最適な日取りとは?六曜における吉日について解説

「お食い初め(おくいぞめ)」は、子どもが一生食べ物に困らないことを願う祝いの儀式です。では、その日取りはどのように決めるのがよいのでしょうか?今回は、縁起のよい日取りを選ぶための「六曜」についての知識や、お食い初めの日取りの決め方などについてご紹介します。

生後100~120日の「お日柄」がよい日が一般的

一般的にお食い初めに適しているとされる日取りは、生後100~120日の「お日柄」がよい日といわれています。

お食い初めは生後100日目に行う?

お食い初めは、「百日(ももか)の祝い」ともいわれ、生後100日目に行われる行事です。地域によっては110日目や120日目に行うとされている場合もあります。

お食い初めの日数の考え方や数え方については、こちらの記事で詳しく紹介しています。興味のある方は、こちらも読んでみてください。
お食い初めまでの日数の数え方を紹介!生後何日がベスト?

「お日柄」の基準となる「六曜(ろくよう)」とは?

結婚式や、婚姻届を役所に提出する入籍日の日取りを決める際に、「お日柄」を気にしたという方も多いのではないでしょうか。お日柄は、「六曜(ろくよう)」を基準に決められています。六曜には、大安・仏滅・友引・先勝・先負・赤口の6種類があり、もともと中国で生まれた思想が、日本に伝わったものとされています。「六曜は迷信だから、縁起の良し悪しをこれで判断しても当てにならない」という方もいますが、現在でもカレンダーや暦に記載されていることから、気にする方も多いでしょう。

お食い初めは「大安」「友引」「先勝」などでもOK

お祝い事であるお食い初めを行う日としては、六曜のうちで最も縁起がよい「大安」が適していると考えられています。しかし、必ずしも大安の日を選ばなくてはならないわけではありません。お食い初めの実施日には、「大安」以外に「友引」や「先勝」も適しています。

「友引」は文字通り「友を引く」という意味があり、弔事には向きませんが、慶事の際には大安の次に縁起がよいとされる日です。ただし、昼の運勢は凶のため、昼の時間帯を避けて行うのが無難です。また、「先勝」は午前中が吉なので、午前中のうちに行うのがよいでしょう。

日数や「お日柄」だけで日取りを決めなくてもOK

タイを食べさせるまねをしている赤ちゃん

子どもの祝い事として行うお食い初めですが、お日柄はあくまで参考程度として、赤ちゃんやお母さんの体調、ご家庭の都合などを考えて実施日を決めましょう。

「お日柄」は必ず守らなくてもよい

お食い初めは、子どもが一生食べ物に困らないように願う祝い事のため、縁起のよい日取りを選ぶ家庭が多いですが、「大安」や「友引」、「先勝」などのよい「お日柄」を気にしすぎる必要はありません。

六曜はあくまでも民間信仰だと考えられることが多く、現在ではそれほど気にしない人もいます。両親と子どもだけで行う場合や、出席者がお日柄を気にしていない場合には、無理に縁起のよい日を選ばなくてもよいでしょう。ただし、お食い初めに義父母や祖父母、親戚などが参加する場合は、年長者がお日柄を気にする場合もあるので、事前に確認しておいたほうがよいかもしれません。

赤ちゃんの様子や家庭の都合も考えて決める

お食い初めは、赤ちゃんの生後100~120日の間で、縁起のよい日取りに行うのが一般的ですが、最近ではお宮参りや節句などと一緒に行う家庭も増えています。出産後しばらくの間は、赤ちゃんやママの体調がすぐれない日も多く、予定通りに行えない可能性もあります。実施する日の日数やお日柄も大切ですが、できるだけ赤ちゃんやママにとって負担の少ない日を選びましょう。

子どもの成長を願う気持ちが大切

お食い初めの日取りを考える際のポイントは、以下の3点です。

  • 日取りは「大安」や「友引」「先勝」がおすすめ
  • 赤ちゃんとママの体調を考慮する
  • お宮参りや節句と一緒に行ってもOK

お食い初めは、子どもの成長と幸せを願う大切な儀式です。縁起のよい日取りを選ぶことも大切ですが、赤ちゃんやお母さんの体調、家庭の事情なども考慮して、最適な日取りを決めましょう。