【保育園の送り迎え】雨の日はどうする?用途別の雨具について

雨の日に徒歩や自転車で保育園に送迎するのは大変ですよね。小さな子どもは傘が使えないし、ママも片手が傘でふさがっている上、濡れた体で抱っこをせがまれたら……、考えるとつらいですね。

そこで今回は、雨の日の保育園の送り迎えが少しでも楽になる、おすすめレイングッズについてご紹介します。

雨の日に頑張る!雨具~徒歩編~

レインコートを着る子ども
雨の日に徒歩で送り迎えをするママにおすすめの雨具をご紹介します。大人1人ならば傘だけで対処できる雨も、子どもと一緒だとそうはいきません。

長靴はマスト!

長靴はママも子どももマストアイテムです。ママには軽くてハイカットタイプのものがおすすめ。泥はねを防いでくれます。最近ではオシャレなデザインのものも多く、雨上がりに履いていても違和感のないものもあります。

子どもには軽くてサイズが合っているものを選んであげましょう。大きすぎると簡単に脱げてしまいます。小さい子どもには左右が分かりやすいデザインが親切です。長靴を履いていても水たまりで飛び跳ねると中に水が入ってしまいますので、帰り道はともかく、登園時には水たまりに入らないように注意してあげましょう。

傘ではなくレインコートやポンチョで!

少しの雨ならば傘でも十分防げますが、レインコート(カッパ)やポンチョは両手が空くのでとても安全です。風が強くてもふらつきませんし、通気性が良いものだと梅雨の時期でも快適です。

リュックが背負いやすいようにデザインをされているものならば、レインコート1枚でリュックまで守れます。反射板がついているものなど、周囲が気づきやすいものだとより安全ですね。

無理はしないで!タクシーも視野に

傘をさす子ども

雨や風が強いとき、気温が低いとき、子どもの調子が悪いときなどには無理をしないようにしましょう。思わぬ事故を招いてしまったり、子どもが風邪を引いたりしてしまうおそれがあります。

タクシーを呼ぶという選択肢も!

雨の日は割り切ってタクシーを使ってみるのも一つの方法。自転車や歩きよりもはるかに快適で安全です。
ただし、雨の日はタクシーがつかまりにくく、道も混雑しています。天気予報で「明日は雨」と分かっているのであれば、当日ではなく前日に予約を取っておくと時間に余裕ができるのでおすすめですが、すぐに予約が埋まってしまい取れないことも多いため、早めに動いた方がいいでしょう。

時間やお金をかけても安全を重視して

普段は自転車で保育園に送り迎えしている人も、雨の日は徒歩にするというのも一つの方法です。時間がかかってしまいますが、何よりも安全第一。タクシーもお金はかかってしまいますが、必要経費と割り切ることも大切です。

雨の日の保育園は雨具を整えることと割り切りが大切

今回の記事のポイントは以下の3つです。

  • 雨の日は雨具を整えればかなり送迎しやすくなります
  • 自転車の傘さし運転はとても危険。そうでなくても滑りやすいので慎重に
  • 雨の日には時間やお金をかけることも必要だと割り切りましょう

雨の日の保育園の送り迎えは何かと大変です。両手が使えるカッパや足元を守る長靴などを使いましょう。安全のためには、自転車をやめて徒歩にしてみたり、タクシーを使ったりすることも時には必要かもしれません。雨の日の送り迎えは大変ですが、いつまでも続くことではありません。なによりもお子様の安全第一で、送り迎えをしてくださいね。