朝型人間のメリットは?夜型を返上して時間を有効活用しよう

翌朝の準備やその日の片付けなど、夜家事が一段落ついた後もダラダラ起きていませんか?お子様を寝かしつけた後にも家事や仕事をする、帰宅の遅いご主人を居眠りしながら待つなどしていませんか?

パソコンやスマホのブルーライトは睡眠の質の低下につながるので、就寝1時間前には触らないようにしましょう。夜の入浴はぬるめのお湯につかると良い睡眠を得られ、朝は熱めのシャワーが目覚めに効果的です。

朝型人間になるには?夜型人間を返上しよう

よし!じゃあ朝型人間になろう!と思ってもさて何をすればいいのでしょうか?
まず、夜遅くまでやっていた重要度の低いものから翌朝に繰り延べる、生活家電のタイマー機能を上手に活用する、お弁当のおかずは休日に作り冷凍しておくなど工夫をして、起きたら自分だけの時間が持てるようにするのがコツです。

小さなお子様を寝かしつける時には一緒に寝てしまいましょう。夜泣きする赤ちゃんがいるなら、夜泣きの原因を解消するのが先決です。

無理なく早起きしよう

早く起きるためには早く寝るのが一番ですが、急に2時間早く寝て早く起きよう!と思っても身体や脳が順応してくれません。睡眠不足の状態で無理やり目覚ましで起きても、蓄積した睡眠不足で早起きのデメリットばかりが身体に残ります。

少しづつ寝る時間と起きる時間をずらして体を慣らすのがおすすめです。早起きしてやることを決めておくのも1つの方法で、楽しみを持つことによって起きるのが苦痛ではなくなります。

朝型のメリットその①

何と言っても自分の時間が持てるということがいちばんのメリットでしょう。ゆったりと目覚めのコーヒーを飲みながら、読書や手芸を楽しむなど趣味の時間を邪魔されることなく楽しめます。ジョギングやヨガの時間に充てるのも健康的で良いですね。汗をかいた後は熱いシャワーを浴びてすっきり!
30分でも1時間でも使えるだけ自分時間にして、心に余裕をもってご主人やお子様の朝の支度を見守りましょう。

朝型のメリットその②

時間にゆとりがあるのできちんとした朝食を家族に提供でき、自分もしっかりと食べることができます。朝補給したカロリーはエネルギーとなり身体に蓄積しませんからたくさん食べても大丈夫です。毎朝決まった時間に食事をとることでお通じもよくなります。

夜早寝して質の良い睡眠を取ることで美肌効果も得られるなど、健康にも美容にもプラスになります。家族にもしっかり食べてもらうためには、決まった時間に起きてもらうといいですね。

朝型のメリットその③

仕事や勉強がはかどるのも午前中といわれています。睡眠により脳の疲れが取れ、朝陽により脳の交感神経が活性化され最大限の働きをしてくれるので、ミスも少なくより完成度の高い仕事ができます。単純作業は家電にまかせて、細密な脳の働きを必要とする重要な仕事を片付けましょう。

しかし、どんな条件でも脳がしっかり覚醒してくれるとは限りません。睡眠不足や極度の疲労の蓄積は禁物ですので、十分な睡眠を取ることが前提です。

帰宅の遅いご主人との会話

ご主人の帰宅時間が夜中という家庭もあるでしょう。夜食を準備して帰宅を待っている時間を趣味や仕事に充てるという人は少なくないのではないでしょうか。話し合い可能な限りの協力をお願いして、ご主人にも生活リズムの見直しをしてもらいましょう。

どうしても無理なら、夜遅くに食事を体内に取り込むのは、肥満や諸病の原因にもなるのでできれば避けたいですが、空腹すぎても可愛そうなので軽食は準備しておいてあげると良いでしょう。

家族との交流も大事にして朝型人間になろう

夜十分な会話もできずコミュニケーション不足にならないように、朝食時や休日にはご主人やお子様としっかり会話を持ちましょう。夜の会話は不平や不満、いやな出来事などが話題にのぼりやすく生産的ではありません。脳がリセットされた朝や、日中の方が明るい会話も持てます。どうしても伝えなければならない話がある場合はメールなどでも対応できます。

相談や家のことなどはしっかり時間のある休日を選ぶのがおすすめです。受験生や学生のいる家庭では、一緒に朝型を実践してみましょう。