エコノミーでも快適に過ごす!機内に持ち込めるおすすめグッズを紹介

飛行機での空の旅、ファーストクラスやビジネスクラスを利用できたらいいけれど、家族が多ければ多いほどなかなか難しいですよね。国内旅行でも海外旅行でも飛行機の中での過ごし方は工夫次第。必要なものを手元に置いてさっと出せば「時短」で長距離フライトも快適に過ごせますよ。

狭い座席を快適に過ごすおすすめグッズ

狭い座席で快適に過ごすには、体にフィットしたピローで座り心地を整えることが重要です。機内に用意されていることもありますが、自分の体に合ったものを用意しておくのがおすすめです。コンパクトに収納できるものやエアーで膨らませられるものを選びましょう。長時間同じ体制をしていると体が痛くなるので、目的地についてもゆっくり楽しめません。シートのリクライニング角度も後ろの人に気をつかうところです。グッズを利用して無理のない姿勢で体を休ませてあげましょう。

快適に寝るためのおすすめグッズ

国際線ではやはり睡眠を取ることが大事です。快適に寝るためにはアイマスクがおすすめです。お気に入りのアロマオイルを垂らして香りを付けておくとさらにリラックス効果でゆっくり眠れますよ。また「花王 蒸気でホットアイマスク」も目元をリラックスさせてくれるので、快適に眠りにつくことができます。エンジン音や周りの音が気になる方は耳栓などを利用すると良いでしょう。携帯や音楽プレイヤーで好きな音楽を聴くのもリラックスして休めます。

機内の乾燥対策におすすめグッズ

機内は乾燥します。飲み物や飴、マスクなどは常備しておくと良いです。また肌も乾燥するので、ハンドクリームやリップクリームも必須。化粧水や美容液など基礎化粧品をトラベルサイズの容器に入れてポーチに備え、こまめに付け直すとリフレッシュして気分転換になります。1回分の袋に入ったパックもあるとおすすめです。パックをしながら映画や音楽を楽しみ、リラックスしながら過ごせます。

むくみ対策におすすめグッズ

狭い座席は体を動かすことが少ないので、血流が滞りむくんでしまいます。「ドクターショール メディキュット寝ながら美脚ケア」は、席に着いてから装着すると到着の時の脚の軽さが違います。
靴を履いたままだと窮屈なので、スリッパに履き替えて足をリラックスさせましょう。たまに足を動かしストレッチをすることも忘れずに。エコノミー症候群の予防になります。
通路側の席ではないと、トイレに行くことをためらいますよね。トイレの近い人は通路側を確保して、我慢せずトイレに行けるようにしましょう。

その他あると便利なグッズ

機内の温度は意外にわからないもの。エアコンが効きすぎている場合もあります。毛布の用意もありますが、軽くてコンパクトな「ユニクロ  ウルトラライトダウン」があると、脱ぎ着で温度調節ができるのでおすすめです。

小さい子どもがいる方は、子供向けサービスで絵本やおもちゃの用意もありますが、そのほかに塗り絵やシール帳など座席でも遊ばせるグッズがあると便利です。またスマホやタブレットで知育ゲームや映画などを楽しむのもおすすめです。長時間のフライトは大人でも疲れるもの。子どもも狭いシートで疲れてしまうので、なるべくリラックスして過ごせるようにしましょう。

座席にはコンパクトにまとめられるポーチがおすすめ

座席には機能的なポーチにグッズをセットしておきましょう。「無印良品 ポリエステル吊るせるケース着脱ポーチ付き」は、コンパクトでポケットがたくさんあり、中身を整理して入れられて便利です。またフックが付いているので前の背もたれに引っ掛けることができ、必要なものをさっと出すことができるのでおすすめ。

エコノミーでも快適に過ごして楽しい空の旅を

狭いエコノミーの座席でも、工夫次第で快適に過ごすことができます。環境を整えてリラックスして過ごせば、目的地に到着しても体が楽になり、より旅が楽しいものになるでしょう。移動時間をリラックスしてより快適な空の旅にしてください。