東京で花見を楽しもう!桜がきれいな時期やおすすめスポットを紹介

東京には、公園・レストラン・川沿いなど、花見を楽しめるスポットが多くあります。都会ながら緑豊かな環境も多く、自然を感じることができるでしょう。都内の人気スポットは、井の頭恩恵公園・代々木公園・目黒川などが挙げられます。この記事では、東京で花見が楽しめる公園やレストランなどを厳選して紹介していきます。花見を満喫したい人は、ぜひ参考にしてくださいね。きれいな桜を鑑賞しながら友人や家族と一緒に食も楽しみましょう。

東京で花見を楽しめる時期はいつ?

東京で桜を楽しめる時期は、その年の天候などにより異なりますが、3月下旬~4月上旬頃になります。見頃は2週間程度と短めですが、4月の下旬頃までは多くの花見客で賑わっています。暖かくなれば過ごしやすくなるので、GW前ぐらいまでは花見を楽しむことができるでしょう。夜桜を楽しむ人は、防寒対策も忘れずに行ってくださいね。

東京で花見を楽しめるおすすめの公園①井の頭恩賜公園

「井の頭恩賜公園」は、吉祥寺駅から徒歩で行ける公園。広大な敷地を持ち、自然豊かな環境で花見を満喫できるスポットです。レジャーシートを広げられる場所も多くあり、大人数のグループでも安心して楽しむことができます。ただし、シーズン中の土日は混み合うので、早めに行って場所を確保することをおすすめします。公園内や駅からの道のりでは、お菓子やおつまみなどを購入することが可能。すべり台や遊具もあるので、子連れでも安心して楽しむことができるでしょう。

東京で花見を楽しめるおすすめの公園②代々木公園

「代々木公園」は、たくさんの屋台が集合しており、お祭り感覚で楽しむことのできる人気スポットです。「ヤマザクラ」や「ソメイヨシノ」などの桜を鑑賞することができます。都内主要駅からのアクセスも抜群で、渋谷駅・原宿駅・代々木公園駅を利用することが可能。シーズン中は、若い世代から子連れ世代まで多くの人で賑わいます。帰りはショッピングや食事も楽しむことができるので、おすすめです。

東京で花見を楽しめるおすすめのレストラン①サブライム吉祥寺井の頭公園店

「サブライム吉祥寺井の頭公園店」は、井の頭公園内にあるレストランです。吉祥寺駅から徒歩3分の好立地。売店の2階にあり、シーズン中は多くの人で賑わいます。大きめの窓からきれいな桜を楽しむことができます。秋には紅葉も楽しむことが可能。和食が魅力のお店で、日本酒のラインナップも豊富です。バーニャカウダやサラダなど、野菜を多く取り入れたメニューが魅力。掘りごたつの席でゆっくりとくつろぐことができ、予約も可能なので子連れにもおすすめです。

東京で花見を楽しめるおすすめのレストラン②カナルカフェ(飯田橋)

「カナルカフェ(飯田橋)」は、ナチュラルな雰囲気でおしゃれな外観のカフェです。お花見シーズン中は、水辺の見えるテラス席で風を感じながら、食事と桜の鑑賞を楽しむことができます。夕方以降のみとなりますが、手ぶらでBBQも可能。デートやグループでの利用など、様々なシチュエーションに対応しています。予約ができるのもポイント。ベビーカーのまま入店することもでき、子連れに優しい人気のお店です。

レストランは予約をしてスムーズに入店しよう

花見を楽しめるレストランは、シーズン中はいつも行列ができています。予約を行っている店舗や予約が必須の店舗もあるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。予約をしておけばスムーズに入店することが可能。長時間並んで待つ必要はありません。個室を完備している店舗も多く、子ども連れでもゆったりとくつろぐことができます。特に小さな子どもがいる人は、待ち時間で子どもがぐずることがないよう、予約ができるレストランを選びましょう。

東京の各地で花見を満喫しよう!

東京には、花見を楽しめるスポットが多くあります。デートなら食事をしながら桜の鑑賞を楽しめるレストランがおすすめ。予約をしておくとスマートな印象になりますよ。子ども連れなら、小さな子でも楽しめる公園がおすすめです。使用シーンや一緒に行く人によって最適な行き先を決めてくださいね。ゴミの捨て方などマナーをしっかり守って、東京で花見を満喫しましょう!