段ボールを捨てる前に!おしゃれで楽しいリメイクのアイディアをご紹介

段ボールは平らなボール紙と波形のボール紙を組み合わせて作っているため、紙でありながら強度があります。また、軽くて加工がしやすいため、DIYの材料にぴったりです。カッターやはさみ、テープ、のりなどがあれば、特別な工具を用意しなくても、切ったり折りたたんだり接着したりできるので、誰にでも簡単リメイクが楽しめます。今回は、段ボールリメイクの楽しいアイディアを紹介します。

段ボールをリメイクするメリット

インターネットショッピングやまとめ買いをした時、誰もが一度は不要になった段ボールの取り扱いに困ったことがありますよね。かさばってサイズがバラバラや、ゴミの日がまだ先だったり、うっかり忘れてしまったり。それに、一度物を梱包するだけで役目を終えるのはなんだか勿体ない気がしますよね。収納スペースを圧迫していた段ボールがリメイクを通じて、おしゃれで使えるものに変身するのです。

段ボールを使ったリメイク①収納ボックス

まず始めに紹介するのは、収納ボックスです。段ボールを平らに置いてふたの部分を切り落とし、残った部分を箱形に組み立て直します。持ち手の穴をあけてガムテープで補強しておくと、さらに使いやすいのでおすすめです。あとは、お好みの塗料を塗るか、包装紙やリメイクシートを貼るだけであっという間に完成です。元が段ボール箱なので、収納力が抜群な収納ボックスです。

段ボールを使ったリメイク②リメイクシートをプラスしておしゃれなゴミ箱

缶飲料やペットボトル飲料の段ボール箱は、形がゴミ箱にぴったりです。ふたの部分を切り落とすか内側に折り込みます。お好みのリメイクシートを貼って、中にゴミ袋をかければ、おしゃれなゴミ箱ができあがります。ゴミの分別をしやすいように、いくつか作ってラベルをつけるのがおすすめです。生活感が出やすいゴミ箱も、段ボールリメイクならすっきり、おしゃれに仕上がります。

段ボールを使ったリメイク③子供が喜ぶ秘密基地

子供はなぜか狭いところに入るのが大好き。段ボールを秘密基地にリメイクしたら、思い切り遊んでくれること間違いなしです。大きめの段ボールの上側にある小さい方のふたを三角形にカットし、その角度に合わせて大きい方のふたをガムテープでとめます。少し空間が開いてしまうので、底の部分を切り取って貼りましょう。お好みの場所にドアや窓を切り抜き、画用紙やリメイクシートなどでデコレーションするとさらに楽しいですよ。秘密基地と聞くと、子どもはもちろん大人の私たちもワクワクしますよね。

段ボールを使ったリメイク④ペットの家

犬や猫などのペットも、狭いところや暗いところに入るのが好きですよね。上の秘密基地のアイディアを応用して、ペットの家が作れます。こちらは、ペットの大きさに合わせて段ボールを選ぶのがおすすめです。段ボール箱の底と、ふたを閉じてガムテープでとめます。小さい方の側面にペットが通れるくらいの穴を開けて、中に膝掛けやタオルを敷きましょう。もし、使っているうちにボロボロになってしまっても簡単に処分できるだけではなく、お金をかけずに新しく作り直すことができます。

段ボールを使ったリメイク⑤小物入れ

段ボールと布を切って貼るだけで、かわいい小物入れが作れます。段ボールを20cm四方の正方形1枚と、20×5cmの長方形4枚に切り分け、正方形の周りを長方形で囲むように並べます。5mm程度すき間をあけてテープでとめたら、側面を起こしてテープでとめましょう。お好みの布やリメイクシートを貼ってできあがりです。大きさは使う場所や入れたい物に合わせて大きいものでも小さい物でも作れますよ。

お金をかけずに手軽に段ボールリメイクを楽しもう

家にある物を使って、手軽にできる段ボールリメイクを紹介しました。好きな形・好きな色・好きな大きさでオリジナルの作品を作れるのが段ボールリメイクの醍醐味です。簡単なものだと子どもと一緒に作れるので、家に使わない段ボールがたまっていたら、ぜひリメイクにチャレンジしてみてくださいね。