インクが出なくなったボールペン復活の裏ワザ5選を紹介します!

公的な書類や、個人的なメモ・スケジュール帳の記入など様々なシーンで活躍するのがボールペンです。ですが、お手頃価格のボールペンは特にインクが終わるまで使い切る経験が、あまりないのではないでしょうか?インクが出なくなってしまい、新しいものに変えて使ってしまいますよね。また、使い始めの状態や、お気に入りのボールペンでインクが出なくなってしまうことも。そんな時に困らないように、簡単にできる「インクが出なくなったボールペンの復活の裏技」を紹介していきます。

ボールペンが出なくなる原因は大きく分けて4つ!

ボールペンの「構造」はペン先のボールが転がることによってインクが出るというものです。ではなぜボールペンのインクは出なくなってしまうのでしょう?以下の4つの原因が考えられます。

①ペン先のインクが固まってしまっている
②ペン先にゴミが付着してボールが動かなくなっている
③紙(用紙)の摩擦がボールを転がすために足りていない
④インクの中に気泡が入ってしまっている

これらの原因に対して、以下で解決方法を簡単な裏技として紹介していきます。

ボールペンの復活方法➀インク部分を温めてみよう

使用期間があいた場合や、キャップの閉め忘れで、インクがペン先で固まっている場合もありますよね。この場合は、温めてあげると解決することもあります。温める温度は、体温くらいで十分です。そのため、温め方は簡単!何も用意しなくても、手でペン先を軽く握って温めればOKです。ドライヤーを使う場合は、高温になりすぎる場合があります。ボールペンはプラスチック製であることも多いので、故障・破損の恐れがあります。近づけすぎて高温になりすぎないよう注意して温めましょう。

ボールペンの復活方法➁除光液でペン先を掃除してみよう

ペン先にゴミが入ることで、ボールが動かなくなることもあります。ペン先につくゴミは、ほこり・毛くず・筆記時に出る紙の繊維などさまざまなものが考えられます。ボールペンのペン先をみると、明らかに汚れていると感じた場合は、掃除をしましょう。掃除の仕方は、ペン先を除光液に浸すだけ。ゴミが洗浄され、固まって詰まってしまっていたインクも同時に溶かせます。長時間浸してしまうと、故障の原因になるので、浸しながら汚れが取れるかどうか確認しながら進めましょう。

ボールペンの復活方法➂ティッシュとの摩擦を使ってみよう

固い紙や、表面にツルツルのコーティングがほどこされた紙は、紙とペン先の間の摩擦が少なくなってしまいます。摩擦が少なすぎると、ボールペンのペン先のボールが回転せずインクが出ないこともあるので、紙ではなく、摩擦が大きいティッシュペーパーに書いてみましょう。破れないように、優しくペン先を転がすことを意識しながら書いてみると、インクが出始めることもあります。インクが出たら紙への筆記に再チャレンジしてみましょう。

ボールペンの復活方法➃輪ゴムの遠心力を利用してみよう

ペン先を上にして収納していると、ペン先から空気がインク内に入ってしまうことも。空気が入ると、インクが出なくなり書けなくなってしまいます。空気を押し出して、インクをペン先に運ばなくてはいけません。そのために、身近にある輪ゴムの遠心力を利用します。

①輪ゴムの中にボールペンを通す
②輪ゴムの両端に指をかけ、ボールペンをくるくると上下に回す
③10~20回くらい回したらボールペンを離し、ゴムを少し外側にひっぱる
④ボールペンが高速回転し、回り終わったら書けるかどうか試す

ボールペンの復活方法➄タバコのフィルター部分にねじ込んでみよう

喫煙者の方におすすめの方法として、タバコのフィルターを使う裏技もあります。タバコのフィルターの繊維は、非常に細かくなってします。そのため、ボールペンのペン先(ボールの中)のゴミもしっかりとキャッチし、取り出せる場合があるのです。掃除の方法は簡単!ペン先をタバコのフィルターに差し込み、ぐるぐると押し当てるだけです。除光液での洗浄や、ティッシュペーパーで落としきれなかった場合に試してみてください。

諦めるのはまだ早い!捨てる前に試してみよう

ボールペンを復活させる裏技を、5つ紹介してきました。どれも身近にあるもので、すぐに試せるものばかりです。また時間もかからないので、1つの裏技でインクが出なかった時は、次の裏技へというように併用しつつ、チャレンジしてみてください。