子連れディズニーを満喫しよう!準備しておきたい持ち物などを紹介

「ディズニーランド」と「ディズニーシー」は、子連れにもおすすめの人気テーマパークです。きちんと予定を立て、準備をしておけば、子連れでも十分に楽しむことが可能。誕生日に行くとバースデーシールがもらえ、特別な1日を過ごすことができるでしょう。この記事では、子連れディズニーを満喫する方法を紹介していきます。ぜひディズニーリゾートに行く時の参考にしてくださいね。

冬は防寒グッズが必須

冬の寒い時期に行く場合は、防寒グッズが必須。ディズニーでは外にいる時間が長いので、思っているより寒さを感じます。暗くなるとより一層冷えるので、対策は必ずしておきましょう。子どもだけでなく、大人の準備も必要です。おすすめのグッズは、カイロ・マフラー・手袋・耳あて・ブランケットなど様々。荷物は増え過ぎてしまうと持ち歩くのが苦痛になるので、バランスを考えて準備を行いましょう。

急な雨にも対応できるように子どものカッパは持ち歩こう

急な雨でも安心して楽しめるようにカッパも必ず用意しておきましょう。ディズニーのパーク内は、傘をさして歩くよりカッパの方が動きやすいので、大人も用意しておくことをおすすめします。万が一準備を忘れてしまっても、かわいいミッキーやミニーのカッパが販売されているので、安心。しかし値段は比較的高価なので、100均などで事前に購入しておけば、急な出費を防ぐことができます。

夏は持ち物が増えても着替えを多めに用意

夏は着替えを多めに用意しておくと安心。炎天下の中で歩き回ると、想像以上に汗をかきます。子どもは大人以上によく動くので、こまめな着替えをおすすめします。夏はウォーターイベントも行っており、水でびしょ濡れになる可能性も。着替えがなくなってしまっても、パーク内でTシャツなどを購入することもできます。ただし、何枚も購入すると高額になってしまうので、できるだけ自宅から持参するといいでしょう。

待ち時間が暇になるので本やちょっとしたおもちゃを準備しておこう

ディズニーのアトラクションは、待ち時間が長いですよね。大人でも長いと感じるので、子どもは退屈してしまいます。パレードやショーもいい位置で見たい場合は、事前に席を確保しておかなければならず、その場で長時間待つことになります。小さな絵本やちょっとしたおもちゃなどを用意しておけば、待ち時間に暇を持て余すことはありません。子どもが並ぶことに飽きてグズグズしてしまわないように、細かい部分も忘れずに準備しておきましょう。

1歳や2歳の小さい子どもがいる家庭はベビーカーがあると便利

1歳や2歳の小さな子どもを連れて行く人は、ベビーカーがあると快適に過ごすことができます。子どもが疲れた時や昼寝をしたい時などに便利。子連れディズニーは、荷物が多くなってしまいがちなので、荷物置きとしても活用できます。購入したおみやげをベビーカーにかけておくことも可能。自家用のベビーカーの持ち込みはもちろん、パーク内で借りることもできるので安心です。電車や新幹線移動などでベビーカーでの移動が大変な場合は、ベビーカーレンタルがおすすめです。

混雑を回避するためにファストパスを有効活用しよう

人気のアトラクションは、待ち時間が長くなるので、子連れで並ぶのは大変です。ファストパスを活用し、賢く回りましょう。開園朝一番で絶対に乗りたい人気アトラクションのファストパスを発券します。ファストパスの時間までは比較的空いている乗り物に並んだり、レストランでごはんやおやつを食べたりすると、あっという間に時間が経ちます。待ち時間は、公式サイトからもチェックすることができるので便利。券に記載してある発券可能時刻になると、違う乗り物のファストパスを発券できるので、記載時間をしっかりチェックしておきましょう。

子連れディズニーは準備をしっかりすることが重要

子連れディズニーは、しっかりと準備をしてから行くことが重要。準備をおろそかにしていると、思わぬところで余計なお金がかかってしまいます。子どもも大人も1日満喫するために、持ち物リストや予定表などを作り、しっかり支度を行いましょう。当日の朝はバタバタするので、準備は前日に終わらせておくと安心。バッグは長時間持って行動しなくてはいけないので、両手が空くリュックがおすすめです。