意外と知らない
入学祝いのマナーと
おすすめプレゼントをリサーチ!

この春、進学予定の親戚や友人・知人の子どもに入学祝いを贈ろう!と思ったものの、金額の相場は?タイミングは?喜ばれるプレゼントは?……と、意外と迷う点が多いものです。そこで、入学祝いのマナーと、プレゼントにおすすめの品についてご紹介します。

入学祝いの相場は1万円前後

入学祝いの金額は、渡す相手との関係によって変わってきます。親戚の場合の相場は、小学校までは5千円~1万円、中学校以降は1万円~2万円が中心。友人の場合はもう少し金額は下がり、小・中学校から高校・大学・専門学校いずれの場合も5千円~1万円が一般的なようです。

入学祝いの「のし袋」の書き方とは?

入学祝いを現金で贈るときは、紅白の水引が蝶結び(花結び)になっているのし袋(祝儀袋)に包みます。表書きには、水引の上側に「御入学祝」「入学御祝」「祝御入学」、下側に贈る人の姓名を毛筆や筆ペンで書きます。中袋には、表側に包む金額、裏側に贈る人の住所氏名を。金額は「金壱万円也」というように、漢数字で書きましょう。中に包む現金は、新札にするのがマナーです。

入学祝いはいつ贈るべき?

入学祝いを贈るタイミングには、特に決まりはありません。とはいえ、入学前は、制服や学校指定の用品など、なにかと用意するものが多いもの。入学先が決まったら早めに贈ると、入学準備に十分役立ててもらえることでしょう。

入学祝いにおすすめのプレゼント①やっぱり嬉しい現金

入学祝いの定番は、やはり現金。贈る側としては何の工夫もないような気がしてしまいますが、贈られる側にとっては好みや必要に応じたものを入手できるので、最も喜ばれるプレゼントと言えるでしょう。贈る金額が数千円程度など、現金を包むにはやや少額と思われる場合は、商品券や図書カードのような金券類にするのも一案です。

入学祝いにおすすめのプレゼント②小学校入学ならランドセル

小学校の入学祝いで、予算が高めなら、購入金額の張るランドセルを贈っても。ただし、ランドセルは祖父母に購入してもらうことも多く、重複すると対処に困るものでもあります。また、最近のランドセルは色やデザインが多種多様なので、入学するお子さん本人の好みも確認したいところ。ランドセルをプレゼントしたい場合は、必ず事前に「贈ってもよいか」「どんなものを希望するか」を確認しましょう。

なお、近年はランドセル購入時期がどんどん早まっており、入学前年の夏休みには半数以上の家庭が手配済みという情報も。入学祝いにランドセルを検討している場合は、早めに贈り先に打診することをおすすめします。

入学祝いにおすすめのプレゼント③記念に残る「名入れギフト」

入学祝いのプレゼントには、名前入りの文房具や小物も人気です。小学校入学なら、面倒な名前つけの手間が省ける名入りの鉛筆は、お子さんのみならず親御さんにも喜ばれること間違いなし。名入りのタオルハンカチも、毎日使うから何枚あってもうれしく便利なものです。

中学校や高校、大学・専門学校の入学祝いなら、少し大人っぽく、名前入りのボールペンや万年筆、手帳、ペンケース、キーホルダーなどを。有名メーカーの品物や本革製といった、長く使えそうな上質なものを選ぶと、きっと喜ばれることでしょう。

子どもたちの新たな門出を彩る入学祝い。適切なタイミングとプレゼントで、お祝いの気持ちをスマートに伝えたいですね。