今話題のTシャツリメイク!楽しいアイディアをまとめてご紹介

今、注目を集めているTシャツリメイク。着心地は良いけれどデザインに飽きてしまったTシャツ、色やデザインが気に入って買ったはずなのにいつの間にか着なくなってしまったTシャツ、思い入れがあってなかなか捨てられないTシャツ…。クローゼットの中に眠っているTシャツがあったら、リメイクするのがおすすめです。ちょっと手を加えるだけで、世界にたった一つのオリジナル作品が簡単にできますよ。

リメイクしやすいTシャツの種類をリサーチ

Tシャツは切り込みを入れても切れ端がほつれにくく、柔らかくて伸びが良いため、誰でも簡単にリメイクができます。どんなTシャツでもリメイクが可能ですが、特に扱いやすい素材はコットンです。伸びが良いので失敗が少なく、さまざまな作品が作れますよ。また、編み込みなどの繊細なリメイクをしたい場合は薄手のTシャツを、鞄などのしっかりとしたリメイクをしたい場合は厚手のTシャツを使うのがおすすめです。

Tシャツリメイクのアイディア①タンクトップ

まずは、ざっくりと切るだけでできる、簡単なTシャツリメイクを紹介します。Tシャツを裏返してシワを伸ばしたら、袖と首回りにチャコペンで印をつけてはさみでカットします。初めての場合は手持ちのタンクトップの形を参考にしながら印をつけて切ると、バランス良くできますよ。さらに、裾を切ってラフに仕上げたり、ラウンドカットにしたりすると、動きがつくのでおすすめです。

Tシャツリメイクのアイディア②フリンジ

ややオーバーサイズのTシャツがあったら、動きがあって涼しげなフリンジTシャツにリメイクするのがおすすめです。作り方は、Tシャツの裾に好みの長さで切り込みを入れて生地を引っ張るだけです。フリンジの長さを一定にするために、チャコペンやマスキングテープで印をつけながら切ると簡単にできますよ。フリンジの端に結び目をつけたり、フリンジを編み込んだりすると、さらに華やかにアレンジできます。

Tシャツリメイクのアイディア③バッグ

Tシャツリメイクは、お気に入りのロゴやデザインを生かしながら、小物だって作れます。まずバッグの持ち手にするために袖と首回りをはさみでカットします。さらにバッグの底にするために裾を縫い目に沿って切り落とします。そしてフリンジと同じ要領で裾に切り込みを入れて、前身頃と後ろ身頃を綴じるように結んでいくと、バッグができあがります。様々なカラーや柄ででいくつか作っておけば、服に合わせてコーディネートが楽しめますね。

Tシャツリメイクのアイディア④ポーチ

Tシャツリメイクに慣れたら、ポーチを作ってみてはいかがでしょうか。Tシャツのシワをのばし、作りたいポーチのサイズに合わせて生地を切ります。生地を裏返して両脇と底の部分を縫い合わせ、上にファスナーを縫い付ければポーチが、ひもをつければ巾着が作れます。ポーチはいくつかあると小物の整理に役立つのでおすすめのリメイク方法です。切れ端を切りっぱなしにしてもほつれにくいのが、Tシャツリメイクのうれしいポイントです。

Tシャツリメイクのアイディア⑤小物

Tシャツを好みの形に縫って日焼け防止のアームカバーや、擦れ防止のシートベルトカバーに、Tシャツヤーンにして編み物に…などさまざまなアイディアがあります。Tシャツヤーンは簡単に作れますよ。Tシャツの首回りと裾をカットして胴の部分だけ残し、片側の脇を3cm程度残して反対側の脇から3cmの幅で切り込みを入れます。全体が1本の紐状になるように、残してあった脇の部分を1段ずつずらして切ってぎゅっと引っ張れば完成です。市販のTシャツヤーンと同じように編み物に使えます。

誰でも簡単にできるTシャツリメイクでオリジナルの作品を楽しもう

いつものTシャツにちょっと手を加えるだけでこなれた雰囲気にできたり、全く違う小物にできたり、Tシャツリメイクの楽しみ方は豊富です。家に着ていないTシャツがあったら、ぜひリメイクを楽しんでみてくださいね。特別な材料や道具を使わずに、世界にたった1つのオリジナルの作品が簡単に作れますよ。