中学の入学祝いの相場は?プレゼントを考えている方におすすめのアイテム!

中学の入学祝いは、お金で渡すのがおすすめです。しかし、前もって何が欲しいのかを確認できる状態であれば品物をプレゼントするのも良いでしょう。中学生にもなると、欲しいものや趣味がはっきりとしてきます。そのため、何が欲しいのかが明確にわかる子も多くいます。また、後で紹介する男の子・女の子におすすめの入学祝いも参考にして、プレゼントを選んでみましょう!

入学祝いの金額の平均相場は?自分の子どもには渡すべき?

入学祝いをお金で渡すか品物を渡すかも迷いますが、一般的な金額の相場も気になります。あまり、他の方と差がついて恥ずかしい経験をしないためにも、相場を知っておくと困りません。インターネットや冠婚葬祭関係の書籍を見てみると、平均的な相場は、知人・友達、その他親戚の子供へは3,000~5,000円です。また、自分の子どもにお祝いを渡すか悩んでいる方もいるでしょう。インターネット口コミには、お金は渡さないという方が多いです。子どもに直接何が欲しいか聞いて、その中から選ぶ方もいます。そして、中学生になると電車やバス通学を始める子どもも増えるので、定期券入れやペンなどをプレゼントしている方もいます。自分の子どもへのお祝いをしたい方は、リクエストを聞いたり実用的に使える手頃な価格なものを選ぶと良いでしょう。

孫や姪っ子・甥っ子への入学祝いの相場は?

次に関係の近い甥っ子や姪っ子、孫への入学祝いの相場を紹介します。甥っ子や姪っ子の場合は5,000~10,000円、孫の場合は10,000~50,000円が相場です。しかし、インターネットの口コミなどには10,000円、30,000円、中には100,000円という金額もあります。あくまでも平均的な金額なので、周りと大きな差が出ないようにするのも大切です。めったに会わない姪っ子や甥っ子には現金や商品券、図書カードなどで贈る方も多いでしょう。また、孫への入学祝いの場合は入学準備の資金として援助する形もあるでしょう。直接、何が欲しいかのリクエストがある場合はそれに答えてあげて、それ以外で何を贈るか決められない場合は図書カードや商品券を贈るときっと喜んでもらえます。

お金ではなく図書カードや商品券でもOK

中学の入学祝いでお金を贈るのは、どうなのかと悩んでいる方は図書カードや商品券でプレゼントしても良いでしょう。中学に入ると参考書や本を購入する機会も増えるので、図書カードはとても便利です。また、商品券だと学校で必要な文房具や、学校生活で必要なちょっとしたものも買えて喜ばれます。入学祝いに贈る品物が思いつかない場合は、迷わず図書カードや商品券をプレゼントしましょう。

≪プレゼント≫女の子におすすめの入学祝い

中学生の女の子におすすめの入学祝いを紹介します。女の子には、おしゃれでかわいいデザインの実用的なものが喜ばれます。腕時計は、電車やバス通学を始める場合に、おすすめです。また、電子辞書は、これから必要となる英語の勉強にとても役に立ちます。電子辞書の色は、ピンクやホワイトなど女の子が好きそうな色も販売されています。また、高価過ぎないブランドのポーチはリップクリームや小物を持ち始める年頃の女子中学生にはピッタリです。また、スポーツ系の部活動をする子にはかわいいデザインのスポーツバッグやバックパックも良いでしょう。女の子への贈り物は、デザインや色に気をつけて選ぶようにすることが大切です。

≪プレゼント≫男の子におすすめの入学祝い

中学生の男の子におすすめの入学祝いは腕時計がおすすめです。男の子の場合は、デジタル系やスポーツブランドを選ぶと喜ばれます。また、電子辞書も勉強に役立つグッズで親御さんからも喜ばれるでしょう。学校帰りや休日に友達と出かけることも増える年頃なので子供っぽくないカジュアル系の財布も喜ばれます。また、スポーツ系の部活動をする子にはスポーツバッグ、友達と出かける機会の多い子にはおしゃれなバックパックも良いでしょう。

ポイントは「欲しいけれど自分では購入しない商品」

入学祝いで贈るものは、欲しいけれど自分では購入しない商品が喜ばれます。大人の階段を上り始める第一歩を歩み出す時期の中学生には、電子辞書や腕時計、財布など大人への意識を持てるアイテムが喜ばれます。また、音楽も聴く機会が増える時期なので、音楽プレーヤーやタブレットなどもおすすめです。

中学の入学祝いは祝い金額や価格ではなく子供たちへの気持ちが重要

中学生は、小学生と違って自分の中での好みがはっきりとしてくる年齢です。そのため、前もってリクエストを聞いてあげられるようであれば確認し、本当に子どもたちが必要としているものを贈ってあげるのが一番です。もし、特に欲しいものがない場合は、図書カードや商品券だと学校生活が始まってから必要になったものを購入できるので喜ばれます。子どもたちの気持ちを第一に考えて喜ぶ顔が見られるプレゼントをしてあげましょう。