セリアのプラダンが使える!気軽に楽しめるDIYのアイデアを紹介

プラスチックダンボール=プラダンとは、ダンボールと同じような造りで材質がポリプロピレン製であるものをいいます。加工がしやすいのが特徴で、ハサミやカッターで簡単に折り目を作る・裁断をすることができます。その上、軽くて、丈夫、水にも強いのでDIYに人気の材質となっています。その人気のプラダンを100円(税込み108円)で購入できるのが100円ショップのセリアです。ちなみに同じ100円ショップのダイソーでは数年前までプラダンの取り扱いがあったということですが、残念ながら現在は取り扱いがないということでした。

セリアのプラスチックダンボールは色の展開が豊富

セリアで取り扱っているプラダンは、よく見る白以外のカラーバリエーションも豊富にそろえてあります。お部屋の雰囲気や用途によってカラーが選べるのはうれしいですよね。筆者が足を運んだセリアでは、白、青、黄、黒の4色がありました。おいてある枚数は白25枚、青・黄4枚、黒10枚と白と黒ならまとめて買える枚数がありましたよ。店舗によって取り扱いに差があるので、参考程度に見ていただければと思います。プラダンのサイズは50cm×35cmで厚みは0.3cmです。

プラダンを使ったDIYのアイデア①トイレをタンクレス風に

賃貸のトイレでもDIY可能な、よくあるトイレをタンクレス風に変えてしまうプラダンアイデアの紹介です。タンクの部分をプラダンで囲って隠すだけで、おしゃれなトイレに変えることができます。一見難しそうですが、作り方はシンプル。トイレタンクの上に突っ張り棒を2本突っ張らせます。その上からトイレタンク全体から床までのサイズのプラダンを作成しておき、かぶせるように設置します。トイレタンクの水が出る部分と水を流すレバーの部分は、プラダンをカットしておきましょう。水が出る部分(受け皿も含む)はプラダンから出しても中にすっぽり入れてしまってもどちらでもおしゃれですよ。プラダンに好きなリメイクシートを貼るのもいいですね。

プラダンを使ったDIYのアイデア②透明な衣装ケースの目隠し

すぐに使えて便利なのが衣装ケースの目隠しです。衣装ケースはお部屋の見える部分においてある場合もありますよね。そういった場合、衣装ケースの取っ手側の部分から中の衣料がばっちり見えてしまいます。いろいろな色合いが透けて見えてしまうだけで、お部屋の生活感がでてしまい、見た目的にも落ち着きません。プラダンをカットして透ける部分に入れておくだけで目隠しになってくれます。プラダンは硬く、へたることもないので一度設置したらずっと使えるのもいいですね。

プラダンを使ったDIYのアイデア③窓に付けて遮光や冷気遮断

プラダンの構造を見てみるとダンボールと同じ形状なので内側に空気を溜められるようになっています。紙製のダンボールも保温効果があるのは有名ですよね。そのためプラダンを窓に貼っておくだけで夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができるというわけです。冷暖房費の節約にもいいですね。また、窓から入る日光を遮ることで、日焼けも防止できます。目隠し効果や遮光のためにも活用できますね。軽くて加工しやすく、よれたりしないので窓への設置も簡単でおすすめです。

プラダンを使ったDIYのアイデア④洗濯機の足下に付けてホコリ防止

洗濯機の下にある防水パンは、少しほおっておくとほこりがたまってしまって掃除も大変です。この悩みを解決してくれるのも、水に強いプラダンなのです。プラダンで防水パンを囲って洗濯機のサイズにカット。ほこりが入る隙間をなくすように作るのがポイントです。見た目もすっきりしますし、日々の掃除が手軽にできるので家事の時短になります。完成後はプラダンそのままでもいいですし、雰囲気に合わせた好きな柄のリメイクシートを貼ってもいいですね。

プラダンを使ったDIYのアイデア⑤デッドスペースを有効活用

プラダンはカッターで手軽に折り目を付ける、裁断することができます。そのためデッドスペースのサイズ、ピッタリに合わせてカットして、簡単に設置できるのがいいところ。衣装ケースのデッドスペースに仕切りを作る、高さのある収納の上部分のデッドスペースを活用するためにコの字型にした棚を設置するなど活用できます。ただ、プラダンは強度があるといっても厚み0.3cmのプラスチックです。あまり重いものをのせると変形してしまうので、載せるものの重量に注意しながら用途を選んでください。

セリアのプラダンで気軽にDIYを楽しもう

カラーが豊富なセリアのプラダンなら、手軽に便利なDIYが可能です。軽くて丈夫、加工しやすいのでDIY初心者さんにもおすすめのプラダンで気軽にDIYを楽しんでみてください。アイデア次第で活用方法も無限大です。