お気に入りを安全に使おう!保存容器の耐熱温度に関する基礎知識

電子レンジって本当に便利ですよね。保存容器に料理をつくりおきしておけば、後から容器ごと電子レンジで温めてすぐに食事の準備ができちゃいます。最近ではその便利さから、つくりおきレシピがブームになりました。保存容器の種類もバリエーションが豊富に発売され続けています。

ただ、保存容器でもレンジで使えないものがあったり、耐えられる温度が決まっていたりと注意が必要です。レンジの温度に耐えられない容器をチンしてしまうと、容器が破損してしまい危険です。そこで今回は、保存容器の耐熱温度に関する基礎知識を紹介します。

電子レンジで使える耐熱容器の種類

電子レンジで使える耐熱容器は、耐熱性のガラス容器、陶磁器、耐熱性プラスチック容器、シリコン容器などがあります。耐熱性と書いてあるものやレンジ可と書いてあるものは分かりやすいですね。陶磁器は、破損しているものは加熱しないほうがベターです。基本的に、耐熱の保存容器を採用するのが安心です。

一番出会いやすいのがプラスチック容器だと思いますが、プラスチックで加熱しても良いとされている素材はポリプロピレン製のものです。ポリプロピレン製の容器のフタや底にはPPと書いてあります。ポリプロピレンの耐熱温度は100~140℃で基本的に電子レンジに対応できますが、温めるものや加熱分数などの条件でそれよりも高温になることがありますので気をつけましょう。

電子レンジで加熱してはいけない素材

保存容器ではありませんが、アルミホイルや缶詰などの金属、紙袋、レジ袋は加熱してはいけないとされています。油断する人も多いのが紙袋ですが、加熱すると有害物質が出る恐れもありますので、間違って加熱しないように気をつけましょう。

また、見分けづらいプラスチック容器ですが、ポリプロピレンが加熱できるのに対して加熱できないのがポリスチレンです。ポリスチレンの耐熱温度は70~90℃でレンジに対応しておらず、温めると破損してしまいます。

耐熱性を高めたものもあるそうですが、そういったものにはレンジ可と書いてあるので表示を確認しましょう。購入したお惣菜の入れ物などの表示でポリスチレンを意味するPSと書いてあるものは加熱を避けましょう。

電子レンジで容器を温める際のフタの注意点

保存容器のフタをしたまま温めると、中の空気が温まり膨張します。膨張したときに空気が少しずつもれて、加熱が終わって中の空気圧がぐっと下がると中の空気圧が下がってフタが開かなくなってしまいます。

フタが開かなくなるととっても大変なので、保存容器を温める際はフタをずらしてレンジに入れましょう。また、加熱OKではないフタもありますので、表示をしっかり確認しましょう。

フタをずらせば加熱できる保存容器

ジップロックのコンテナーはフタも加熱できる保存容器の代表格です。正方形と長方形の様々なサイズの種類があるほか、最近ではごはん用保存容器も発売されました。耐熱温度は140度です。

商品の説明にもしっかりと「フタをずらして加熱してください」という旨の注意書きがあります。保存容器選びの際、こういった注意書きがあればフタも加熱できる保存容器だという目印になります。

フタをしたまま加熱できる保存容器

フタをしたまま加熱できる保存容器はとっても便利ですよね。耐熱ガラス食器で有名なiwakiの保存容器パック&レンジのシリーズは、 ガラス製で扱いやすいので人気です。耐熱温度は140度です。

フタが密閉式ではないので、フタをしたまま加熱することができるのでラップの節約にもなります。ガラスは洗いやすく煮沸消毒もできるので、容器の使い捨てもなくエコな生活ができます。

素材の特性を知って保存容器を使うことでより便利で安全な調理に!

いかがでしたでしょうか。ひとことに保存容器といっても様々な素材のものがあるので、使用方法や注意書きをしっかり読んで使用しましょう。これから保存容器を購入する際にも、保存容器の素材や耐熱温度に注目してみるといいかもしれませんね。