お金が貯められるようになるために必要な3ステップ

これまでお金を貯めようと決意したものの、途中で断念してしまいお金がなかなか貯められないと悩んでいる人は少なくありません。贅沢しているつもりはないのに、お金が貯められないのはなぜでしょう。
お金が貯められない人に共通して多くみられる原因としては、「支出が把握できていない」「いつまでにいくら必要なのかわからない」「貯める方法がわからない」など。
今回は、お金が貯められるようになるために必要な3ステップをお伝えします。

ステップ1「支出を把握する」

お金が貯められない人によくみられる原因は、支出が把握できていないことです。
支出が把握できてない状態で毎月の目標貯蓄額を決めてしまうと、最初の1~2ヶ月は何とか頑張れるものの、生活が苦しくなり途中で断念してしまうことも。支出を把握できていないと無理なくできる貯蓄額が決められません。まずは、貯蓄をスタートする前に毎月いくら支出があるのかを把握する必要があります。

支出の費目ごとに金額を書き出し、支出の合計を把握します。支出の費目としては食費、住居費、水道光熱費、通信費、保険料、被服費、日用雑貨、趣味・娯楽費、交際費、こづかい、教育費、交通費、その他です。
毎月の手取りの収入-合計支出額=貯蓄可能額となります。まずは支出を書き出してみて、見直してみましょう。

ステップ2「ライフプラン表を作成する」

ライフプラン表とは、自分や家族の予定や夢、目標などライフイベントを年表にしたものです。
ライフイベントは、海外旅行、出産、マイホーム購入、子どもの進学、セカンドライフなどの大きなイベントのこと。そして、それらのイベントに必要な費用を大まかに書き出します。

ライフプラン表を作成することで、○年後に○○万円が必要になるなど、表で目視することにより、どの時期にいくらぐらいお金がかかってくるかがわかります。仮に、3歳違いの子どもが2人いる家庭だと、ライフイベント表で上の子どもの大学入学と下の子どもの高校入学の時期が重なり、同時期にマイホームの返済、2人分の入学金の準備が必要なことが事前に把握できます。頭ではイメージできてつもりでいても、ライフプラン表に描くことで具体的な金額、何歳くらいから支出が大きくかかってくるかが明確になり、何年後までに○○万円を貯めておこうと目標ができて、貯蓄する資金計画もたてやすくなります。

ステップ3「先取り貯蓄をする」

「生活費を節約し給料口座に残ったお金を貯蓄に回している」という家庭では、貯蓄は目標通りに貯まりません。それでは毎月いくら貯蓄ができたのか把握しづらい上に、ある程度貯まってきたら、ついつい無駄遣いしてしまいます。お金を貯めるための基本の手法は「先取り貯蓄」です。

「先取り貯蓄」とは、収入が入った時点で貯蓄する分を先にキープしておき、残ったお金で赤字にならないように生活します。「先取り貯蓄」をしておくことで、貯蓄は確実に増えていきます。また、日々、節約のことを考えながら生活しなくてもいいのでストレスもありません。先取り貯蓄の預け先としては、「自動積立定期預金」を利用することで毎月一定の日に指定口座から指定金額を定期預金口座に自動的に振り替えてくれるので手間もかかりません。

「支出を把握する」「ライフプラン表を作成する」「先取り貯蓄」の3ステップで貯蓄できる家計体質の参考にしてみてください。