共働きなのにお金が貯まらないわけ

共働きで世帯収入は高いけれど、貯蓄があまりないという夫婦は少なくありません。
共働きだと夫婦それぞれが、必要となる生活費を入れておけば、残りのお金は自由に使っていいと考える傾向があるようです。
共働きでも「お金が貯められる夫婦」と「お金が貯められない夫婦」の違いはどこでしょうか。
今回は、その原因からお金が貯められるようになるためについてお伝えします。

お財布は夫婦別々だと貯まりづらい

共働きで「お金が貯められる夫婦」と「お金が貯められない夫婦」によくある違いは「お財布の管理が別」という点です。
「お金が貯められない夫婦」においては「お財布を別にしている」というケースがよくみられます。お財布が別だと夫婦それぞれが自由にお金を使えるため、お互いにいくら使っているのか、いくら貯めているのか把握できていません。いざ、マイホームを購入するタイミングでお互いの貯蓄額を確認してみたら、予想していたよりお互いの貯蓄が少ないということに気がつき、慌ててマネー相談に駆け込んでくるご夫婦もいらっしゃいます。

お財布を一緒にした方がお互いの支出も管理できます。お金が貯めやすいのはわかっているけれど、これまで自由に使ってきたのに急に管理されるようになるのは避けたい、とお財布を一緒にすることができないというご夫婦は少なくありません。

夫が収入を開示したがらないケース

夫婦のどちらかがお財布を一緒にしようと提案しても、一方が収入を開示したがらないケースもあります。
収入は開示しなくても、お互いが支払うと決めたそれぞれの生活費をきちんと支払っているため、収入を聞かなくても生活はまわります。
特に夫の方が収入を開示したがらないケースがよく見受けられます。妻の意識が結婚や出産により、家計や将来に対して万が一に備えて貯蓄しておきたいと考えても、夫は趣味にかけるお金や飲み代が規制されることは極力避けたいと収入を開示したがらないケースも少なくありません。

もちろん妻の方がショッピングなどの規制をされたくなく、開示したがらないケースもあります。
収入が開示されないと、毎月いくらなら貯められるのかと話合うことも難しく、お金が貯められないまま月日が過ぎてしまいます。お財布を一緒にしてお互いに使っていいお金、貯めるべきお金を話合えるようになるためにはどうしたらよいでしょうか。

夫婦で共通の夢や目標を持つ

夫婦のどちらかが年収を開示したくない場合は、夫婦で共通の夢や目標を持つことが大切です。夢や目標に向かって必要な金額を貯めていくよう話合うことで、お金を貯める必要性がわかり前向きに貯蓄をする姿勢になっていきます。
年収を開示したがらない夫に理由を聞いてみると、趣味や飲み代が規制されたくないという理由以外に、子どもがまだ小さいのに大学の入学金と言われてもピンとこないという話もあります。
夫に話すときには、何年後に○○万円かかるので、そのためには今のうちから○万円ずつ貯めていく必要があると具体的に説明をした方が伝わりやすいようです。
また、貯蓄のことを話す前に、頭ごなしに相手が無駄遣いしているという気持ちで話さず、相手の趣味などや考えも尊重しながら話すことも心がけましょう。

「お金が貯められる夫婦」になるために、夫婦で共通の夢や目標を持ち、想いをひとつにすることでお財布もひとつにできれば理想的です。