【無印良品】 スッキリタオル収納術

Author : MI
毎日使うタオル。ご家庭によって収納方法は様々ですよね!
毎日使い、毎日のように洗濯をして収納する。
同じ繰り返しなのですが何となくすっきり収納できない・・・・そこで我が家では無印良品の収納グッズを使って収納しています。
洗面所での出番が多いので、収納場所も自然と洗面所になるのですが、
バスルームから近いこともあり、湿気の心配もあります。
今回は我が家で取り入れているタオル収納方法をご紹介したいと思います。
収納グッズを統一することで驚くほどスッキリ使いやすくなりました!

無印良品「ワイヤーバスケット」

ワイヤーバケット

 

我が家がタオル収納に使っているのが無印良品の「ワイヤーバスケット」です。
ステンレス製で水に強く、水まわりの収納にぴったり!
ワイヤーなので通気性も良く、湿気の多い場所での収納にも向いています。

スタッキングできるから便利!

 

ワイヤーバケット2個

持ち手を内側にすることで2つのバスケットを積み重ねて使うことができます。
我が家は4人家族。
洗濯物の乾きが悪い日も想定すると、ある程度の数を収納しておく必要があります。
積み重ねて使えることで、高さの確保できる収納スペースの場合、倍の収納力が確保できるというわけです。

清潔感があるスッキリとした収納へ

タオル収納

ワイヤーバスケットを使いタオルを収納するとこんな感じになります。
タオルはカラーを似たようなもので統一することでさらにスッキリ見える効果がありますが、収納グッズを統一しているだけでかなりスッキリと見えるはずです。
通常限界まで重ねて収納したいところを、ワイヤーバスケットを2つ積み重ねて収納することで、たくさんのタオルを無理なく収納できます。

予備のタオルは別収納

予備のタオル

家にあるすべてのタオルを一箇所で収納できない場合、
また我が家は子供が学校やプールに持っていくタオルは別のカラーを用意しているので
洗濯室に予備タオル収納を作っています。
そこで使っているのが、無印良品の「不織布バスケット」です。
予備タオルは予備収納へ。
すべて押し込まず、取り出しやすく戻しやすい適度な量を考えてメイン収納の量を制限することもスッキリとした収納のコツだと思います。

収納場所

今回は我が家のタオル収納をご紹介しました。
毎日使うものだからこそ、取り出しやすく、戻しやすい収納を心がけることで
家族が快適なのはもちろん、家事の時短にも繋がります。
暮らしのヒントになれば幸いです。