エアコンの冷房と除湿、
本当に電気代が安いのはどっち?

夏のような気温の日や、ジメジメ雨が続く梅雨時になると、そろそろエアコンの冷房機能や除湿機能の出番です。「冷房が苦手だから除湿だけ入れている」という人もいますが、本当に家計にやさしいのは冷房?それとも除湿?機能の特性とお得な使い方を調べてみました。

冷房と除湿、電気代が安いのはどっち?

エアコンの冷房と除湿の電気代については、「除湿のほうが冷房よりオトク」「え?私は冷房のほうが除湿より電気代が安い、って聞いたよ!?」など、井戸端会議で話題に上ることもあるでしょう。メーカーや機能も多種多様なエアコンですが、冷房と除湿のどちらかがオトクかは、個々の機能によって差があるようです。

除湿方式は大きく分けて2種類!

エアコンで冷房を使う時は、エアコンは吸い込んだ空気を冷やして室内に戻す、という働きをしています。同様に除湿を使う時には、吸い込んだ空気から水分を取り除き、乾いた空気を室内に戻します。

除湿機能は、空気を冷やすことで空気中の水分を追い出し排出しているので、水分を取った後の空気は温度が少し低下しています。冷房ではないけど気温が多少下がるので、メーカーによっては「弱冷房除湿」などという名称になっている場合もあります。

肌寒さを防ぐために、いったん除湿して冷えた空気を再加熱してから、室内に戻す方式の除湿もあります。これは「再熱除湿」と呼ばれる方式で、除湿時のひんやり感を防いでくれます。このように除湿には「弱冷房除湿」「再熱除湿」という2種類の方式があります。

機能別、電気代のかかる順番

「再熱除湿」は除湿後に再加熱する操作が追加されています。その分一般的な「弱冷房除湿」よりも当然電気代がかかってしまいます。したがって、

除湿(弱冷房除湿)< 冷房 < 再熱除湿

このような順番で電気代がかかるようになります。

つまりお使いのエアコンがどの方式を採用しているかにより、冷房と除湿のどちらが、電気代がおトクになるかが変わります。一概に冷房と除湿のどっちが家計にやさしいかは、断言できません。

進化したエアコンが続々登場!賢い使い方は?

エアコンの除湿方式はメーカーや機種で固定されていますが(弱冷房除湿か再熱除湿のどちらかを採用)、富士通やコロナには、両方の方式をリモコンで切り替えできる機種もあるそうです。また、室温を下げにくい工夫がされた弱冷房除湿や、再加熱時のヒーターの運転範囲を絞って電気代を節約する再熱除湿もあるとか。

お使いのエアコンや買い替え予定のエアコンの具体的な機能や電気代については、取扱い説明書などでチェックしたほうが良さそうですね。

ちなみにエアコンで最も省エネになるのは「自動運転」とのこと。また冷房では高温になった室内温度を下げているときが最も電気代が高くなります。したがって、頻繁につけたり消したりするよりは、必要な間は運転したままで室温を安定させておいた方がオトクになります。除湿と冷房で電気代に悩むよりは、冷房そのものの使い方を見直したほうが、良い場合もありそうですね!