ピカ子の時短メイク講座 第3回『アイブロウの時短テクニック』

メイクアップアーティストのピカ子さんによる、時短メイク講座。
第3回は、「アイブロウの時短テクニック」についてお聞きします。メイクの要となる眉毛。トレンド感を出すためのテクニックとは!?さっそく、そのやり方を見ていきましょう。

トレンド感を出す、眉毛の3つの法則

——トレンド感を出すためのアイブロウのポイントはなんでしょうか?

アイブロウは特に重要なパーツです。眉毛をどう描くかで、メイクの完成度が決まるといっても過言ではありません。
ポイントは、細く、長く、濃く。この3つは必ず抑えてほしいです。早速描いていきましょう。

長さに迷ったら、+3ミリ

——アイブロウというと、ペンシルやパウダーなど色々な種類のアイテムがありますが、時短メイクでは何を使えばいいでしょうか?

使うアイテムは、平打ちの太めのペンシルのみでOKです。カラーはブラックブラウンというかなり濃いトーンをチョイス。

——髪色に合わせなくてもいいのでしょうか?

髪色に合わせて眉の色を変えるのは、もう流行りません。特に、アラフォー女性の場合は、明るい眉毛にすると、知性的に見えないという欠点もあります。
また、加齢とともに眉毛も退化するんです。健康的な質感を作るためにも、断然ブラックブラウンがおすすめです。


眉頭から、眉山にかけて、先に描いていきます。
眉山までは濃い目、眉尻はちょっと薄めにと、ややグラデーションをつけていきます。
このとき、角度をつけるとバブル感が出てしまうので、フラットになるよう意識してください。


眉を描くときのコツは、圧をかけすぎないこと。
眉毛の部分には皮下脂肪のクッションがあるので、力を入れすぎるとキレイに描けなくなってしまうんです。
できるだけ圧をかけずに、毛1本1本を、丁寧に描くイメージです。


ただ、濃さを意識しすぎると、眉毛の印象が強くなりすぎてしまうので、ほどほどに。いつもよりちょっと濃いかな、くらいがちょうどいいと思います。


片方が完成しました。
自分で描くと、どうしても短くなりがち。なので、長さに迷ったら、+3ミリ長くしてみてくださいね。

眉頭をぼかして仕上げる!

最後に眉頭をスクリューブラシを使ってぼかしていきます。
大体のペンシルにブラシが付属しているので、それを使ってください。使うときは、手で角度をつけます。こうすると眉毛に垂直にアプローチできるので、使いやすいです。


もう片方も仕上げて、これでアイブロウの完成です。

——眉毛はペンシルだけで仕上げて大丈夫なんですね。ペンシルしか使っていないのに、眼力がアップしたように見えます。

眉毛を濃い目に描いたことで、白目がフォーカスされるからです。眉毛は大事なパーツなので、時短とはいえど、丁寧に仕上げることを心がけてくださいね。

今回のメイクに使用したのはこちら。

ラ・メイキャ イージーブロウ[ダークブラウン]

————次回お届けするのは「アイメイクの時短テクニック」。アイメイクの常識が変わる…!? 次回もお見逃しなく!

前回までの記事を読む ⇒
ピカ子の時短メイク講座 第1回『スキンケアの時短テクニック』
ピカ子の時短メイク講座 第2回『“すっぴん格上げ”の時短ベースメイク術』



ピカ子 メイクアップアーティスト
<プロフィール>
パリ、ニューヨーク、ミラノなど世界の舞台で活動、かつてはブラッド・ピッドやアリシア・キーズなど一流セレブ達を担当し、現在は世界の流行を作り出す一流メイク術や、テレビ番組で個性を活かした引き算メイク・変身企画など展開。

プライベートレッスンは、その技術を学びたいと国内外から予約が殺到し、数年待ちの状況。
ご自身プロデュースのコスメブランド「LA MAKEUP(ラ・メイキャ)」など幅広く活躍中。
ピカ子 プロデュース商品の購入はこちら!
ステラスタイル「PIKACO OFFICIAL WEB SHOP」はコチラ!