ピカ子の時短メイク講座 第5回『時短リップメイク術&おでかけ応用編』

メイクアップアーティストのピカ子さんによる、時短メイク講座。第5回は、「リップメイクの時短テクニック」、そして、お出掛けの際に活用出来る、「プラスαのテクニック」についてお聞きしました。全5回にわたってお届けした連載もいよいよ今回で最終回。ピカ子さんによる時短メイクで、美しく変身したdaysy編集部員のビフォー・アフターをご覧ください!

主張がある色味のリップメイク

——今回はリップメイクです。どんな色を選ぶのが良いでしょうか?

リップは、目に飛び込んでくるような主張が強いトーンをつけるのが、今のトレンドです。ナチュラルとは真逆のビビットな色を選んで、冒険してみてください。今回は、今年人気のグレーピンクを使います。

——リップを塗るときのポイントを教えてください。

リップは、お肌と違って、色で蓋をしないといけないパーツです。
唇の色ムラをなくして、全体が同じ色で均一になるように、塗ってください。


色をのせたら、リップペンシルの出番です。
唇の輪郭はいびつなので、ペンシルを使って丁寧に補正します。

最後にトップコート。トップコートは、ツヤも出ますし、何よりリップの持ちがよくなります。
グロスだと、ツヤが出すぎて不自然なので、自然に仕上げるためにも、トップコートがおすすめです。

ちなみにインパクトのある色味のリップを使う時はチークレスがスマート。リップ+頬のどちらにも血色を作ると印象が散らかります。
これでリップメイクは完成です。スタンダードな時短メイクが、一通り終わりました。

——いつものメイクよりもずっと、華やかなお顔になりました!アイブロウとリップがしっかり主張しているので、チークレスでもお顔全体の血色がよく見えます。

コントアーメイクでプラスαのメイク

——ここまでが通常メイクだとして、華やかさをちょっとプラスしたいときは、どうすればいいでしょうか?

華やかさを加えるには、コントアーです。シェーディングを使って、影を入れていきます。
——骨格メイクというやつですね。

そうです。ブラウン系のシェーダーで、お顔を立体的に見せてあげると、さらに、華やかになります。
ただし、コントアーは、色をちゃんと選ばないと女子プロレスラーみたいになるので注意が必要。茶色は茶色でも、暖色系をチョイスしてください。
大きめのブラシを使って、フェイスラインから影を入れていきましょう。
フェイスラインに沿うように、ブラシを動かします。

次に、チークを入れるようなイメージで、頬骨に沿って影を入れます。ただし、チークのように丸く入れるのはNG。頬骨に沿わせるように、ブラシの先を使って影をつけます。

続いて目の周り、まぶたのくぼんでいるところにも、影を入れていきます。

最後にノーズシャドウです。鼻筋全体にのせると、ヘビーメイクに見えてしまうので、真ん中くらいまで。
シェーディングを入れてあげるだけで、更に血色が良く見えます。

——でも、シェーディングって自分でやると、どの程度入れればいいのかが難しいです。
みんな、思い切りのせることに抵抗があるんですよね。「ちょっとやりすぎかな?」と思うくらいでちょうどいいかもしれません。それにメイクは間違えても最悪、落とせますから。やり直せば大丈夫です。


シェーディングが終わりました。プラスαのメイクはこれで完成です。


シェーディングによって、彫りが深くなり、華やかさがプラスされました。このまま、お出かけに行きたい気分です!

今回のメイクに使用したのはこちら。

時短リップメイク術
・ラ・メイキャ ムードリキッドカラー [リップベース]
・M・A・C リップペンシル


おでかけ応用編
・M・A・C スタジオ フィックス パーフェクティング パウダー[ミディアム ディープ]
・CHIKUHODO チークブラシ ハイライト

———少ない工程とアイテムで、トレンドを取り入れつつ、ここまで綺麗になることができました。ピカ子さんに教わったテクニックはどれも簡単で、すぐ取り入れられるものばかり。さっそく、明日のメイクから実践していこうと思います。ピカ子さん、ありがとうございました!

前回までの記事を読む ⇒
ピカ子の時短メイク講座 第1回『スキンケアの時短テクニック』
ピカ子の時短メイク講座 第2回『“すっぴん格上げ”の時短ベースメイク術』
ピカ子の時短メイク講座 第3回『アイブロウの時短テクニック』
ピカ子の時短メイク講座 第4回『時短アイメイク術』



ピカ子 メイクアップアーティスト
<プロフィール>
パリ、ニューヨーク、ミラノなど世界の舞台で活動、かつてはブラッド・ピッドやアリシア・キーズなど一流セレブ達を担当し、現在は世界の流行を作り出す一流メイク術や、テレビ番組で個性を活かした引き算メイク・変身企画など展開。

プライベートレッスンは、その技術を学びたいと国内外から予約が殺到し、数年待ちの状況。
ご自身プロデュースのコスメブランド「LA MAKEUP(ラ・メイキャ)」など幅広く活躍中。
ピカ子 プロデュース商品の購入はこちら!
ステラスタイル「PIKACO OFFICIAL WEB SHOP」はコチラ!