100円ショップで買える!
子供の熱中症対策グッズ3選

猛暑もなんのその、真夏でも外で元気に遊びたがる子どもたち。元気がいいのは嬉しいことですが、親としては熱中症が心配です。そこで、子どもの外遊びに便利な熱中症対策グッズを100円ショップで探してみました。セリアとダイソーで購入可能です!

何度でも繰り返し使えるのがポイント!の冷却タオル

まずは定番の、首に巻く冷却タオル。水に濡らして気化熱でひんやり感を得るものや、凍らせた保冷剤を入れるタイプなどいろいろありますが、私がセリアで選んだのは、水に濡らして使う「ウォータークールタオル」です。

猛暑の日、室温35℃近い部屋で掃除機をかける際、試しに使ってみました。いつも保冷剤を手ぬぐいに挟んで首に巻いていたのですが、それに比べるとクール感はやはりもう一歩といったところ。でも、保冷剤がすぐにぬるくなってしまうのに対して、ウォータークールタオルは「ほんのりヒンヤリ」が持続する感じです。

小学生の子どもの外遊びに持たせたところ、「遊びの邪魔にならず充分涼しかった!」という感想でした。ただ、首に巻いて使う場合は、引っ張ったり引っかけたりしないよう注意が必要です。

小さくても、しっかり送風!単3電池で動く小型扇風機

ダイソーでは、電池式の小型扇風機「ミニハンディファン カラー」を見つけました。写真のグリーンのほかにも、ピンクやブルーなど数色から選べます。単3乾電池2本(別売)を入れて使いますが、充電式乾電池でも問題なく動きます。羽根部分はEVA樹脂製でやわらかくペラペラなので、回転中にうっかり触れてしまってもケガの心配はありません。

ただ、一度子どもに公園へ持たせていったら、羽根がうまく回転しなくなってしまいました。カバンの中で他のものと当たったりして、羽根の取り付け部分がズレてしまったようです。手ですぐに直せましたが、作りがしっかりしているとはちょっと言い難いかも。子どもに手荒に扱われると、寿命は短いかもしれません……。

子どもウケNo.1!水を入れるだけのスプレーボトル

一番シンプルながら、実は子どもウケが一番よかったのがこのスプレーボトル。「トリガーミストボトル」という商品名で販売されていました。特に暑さ対策グッズとして販売されていたわけではないのですが、遊びの最中に顔や腕に水をシュッシュするのが気持ちいいようで、公園に持って行くと子どもたちの間で奪い合いに!服や髪も濡れて半ば水遊び状態になるのもまた、楽しいようです。

ラインナップは写真のキキララのほか、マイメロディや英文字ロゴのデザインがありました。今回購入したのはセリアでしたが、ダイソーでも同じ商品を見かけました。

暑い季節の外遊びは、水分・塩分の補給と熱中症対策グッズを上手に活用して楽しんでくださいね。夏休みのレジャーにも、きっと役立つこと請け合いです。