サンダルや素足、冷房冷えで疲れた足裏は100均の〇〇で瞬間リセット!

暑くなるとサンダルを履いたり、素足で過ごしたりする機会が増えるもの。靴底の固いサンダルなどを一日履くと足裏がコリコリになっていたりしませんか?また職場や家庭でエアコンを使っていると、足先が冷房冷えして血行が悪くなったりもしますね。そんな夏の足裏の疲れを瞬間的に取ってくれるアイテムが、100均のダイソーにあります!今回は足裏の疲れを瞬間的に解消してくれる〇〇をご紹介します。

足裏マッサージに最適なダイソーの〇〇とは?

〇〇の正体はなんと、ダイソーの製菓用品コーナーにある「麺棒」!そう、お菓子の生地やパン生地などを平たくのばす時に使うアレです。パッケージから出すと、直径2センチ、長さは30cm足らずのただの木の棒ですが(笑)このサイズがちょうど良いんです。

「ただの木の棒だったら、木材売り場のものでもいいのでは?」と思うでしょうが、食品に使うものだけあって、表面をすべすべに仕上げてあるので、手触りも良いですし、角も丸くしてあるので安心して使えます。

100均なら「青竹踏み」もありますが……

100均でも健康グッズはたくさん扱われていて、昔ながらの「青竹踏み」のかたちをした足つぼグッズも手に入ります。筆者も持っていますが、ツボ刺激の突起がたくさんついていて、足が疲れたときに使うと本当に気持ちいいですよね!

なのになぜ「麺棒」なのか!?

麺棒を使うと、木の固さがダイレクトに足裏に伝わるので、想像以上のツボ刺激効果があります。また直径が小さいので、足指の付け根とか、足裏のアーチをまんべんなく刺激してくれます。実はこの麺棒を足裏に使う方法、知人のバレエダンサーの方に教えてもらったんです。足裏をフルに使うダンサーの方が「効く!」とおっしゃっているので、効果は大きいですよね!

麺棒を使って足裏の疲れを瞬時に取る方法とは?

麺棒で足裏を刺激する方法は、いたってシンプル。まず床に置いて片足で踏み、体重を掛ける度合いを調整しながら、足裏で麺棒をコロコロ転がします。次に土踏まずに当たるようにして、両足で踏んでみましょう。足裏が疲れているなら、かなりの激痛になりますので、注意して乗ってみてください。位置を変えながら土踏まずや足指の付け根を刺激すると、一瞬で足裏の疲れが吹っ飛びます!

麺棒での足裏マッサージは、並みの青竹踏みよりかなり効果大ですよ!効きすぎるので、くれぐれもやり過ぎに注意してくださいね。