【100均】子どもが湯船に浸かりたがらないならこの入浴剤で解決!

お風呂はいつも3歳の子どもと一緒。夏でもたまには湯船に浸かってゆっくりしたいなと思いつつも、それは夢のまた夢でした。そんなときに100均で見つけたのがキャラクターものの入浴剤。子どもも楽しいようで、あっさりと湯船に浸かってくれるようになりました。セリアで購入できる子供が喜ぶ100均の入浴剤をご紹介します。

溶けるとマスコットが出てくるタイプのバスボール

入浴剤

100均に行って驚いたのは、種類の多さ。両手で数え切れないほどありました。バスボールから泡風呂まで、様々なタイプがあり、どれにするか悩むほど!その中から子どもが選んだのはキャラクターもの。丸い形をしたバスボールを湯船に入れると溶け始め、中からマスコットが出てきます。

私が湯船に入りたい日は、「入浴剤、入れようか」と誘うと、大喜びで選ぶようになりました。けっこうすぐに溶けてしまうので、湯船に入って少ししてから「そろそろ入れるよ」と声をかけて、入れるようにしています。バスボールが溶けている間は、子どもも湯船に浸かり、真剣な顔をして観察。半分ほどマスコットが見えたときが一番盛り上がります。パッケージを見ながら「このマスコットだと思う!」とパッケージを指さしながらクイズ状態で楽しんでいます。

私は子どもの楽しそうな表情を見ながら、つかの間ではありますが、湯船でリラックス。親子ともども、満足できる時間になっています。

シュワシュワするキャラクター入浴剤

入浴剤

前述したマスコットが出てくるバスボールの次に子どもに人気なのが、シュワシュワするキャラクター入浴剤。袋にはキャラクターの顔をした入浴剤が入っています。同じキャラクターであっても、いろいろな色があり、「ドラえもんなのに、黄色だー」と子どもは大笑い。湯船に入浴剤を入れると、シュワシュワしながら溶けていきます。3歳ぐらいだと、溶ける過程も面白いようで、「こんな形になっちゃったよ」などとケラケラ笑いながら見ています。

入浴剤の香りは、キャラクターものということもあり、子どもが嫌がることはありませんでした。ただ私には、一般ドラッグストアなどで購入する大人向けの入浴剤と比較して、妥協できる程度ではありますが、少し香りがきつい気はします。香りに敏感な方は、まずは1個試してみてから次を検討されることをオススメします。

たまには読書でもしながら湯船でゆっくりしたいところですが、子どもが楽しそうにしているのを見ながら10分ほどの入浴タイムを楽しむのもけっこういいものです。「子どもが小さいから」とやりたいことを諦めず、妥協できる部分を探すと見つかるものだなと感じています。良かったらご参考にしてください。