「朝用マスク」で朝の洗顔・メイクを時短する!

慌ただしい朝の身じたく。できるだけ時短したいし、同じ時間ならできるだけクオリティを上げたいですよね。洗顔+スキンケア+保湿下地が60秒で完了する「朝用マスク」なら、そんな欲ばりな願いもかなえられるかも!?

コンビニで見つけたフェイスパック「目ざまシート」

ふらっと入ったコンビニで見かけた「朝用マスク」。みずみずしいフルーツやハーブをあしらった、鮮やかな黄色のパッケージが目をひきます。朝、寝起きの顔に使うフェイスパックで、洗顔からスキンケアがこれ1枚で完了するとか。「ひきしめ化粧ノリアップ」「マスクをはずしてすぐファンデ」といったフレーズに興味津々です!

5枚入りで421円(税込)という買いやすいお値段にも惹かれ、さっそく試してみることにしました。

「朝用マスク」は「夜用」といったい何が違うのか?

「肌の朝ごはん」というキャッチコピーが示すように、パックの液にはさまざまな食品由来の保湿成分が含まれているよう。セイヨウハッカ葉・キュウリ果実・アボカドのエキスのほか、オレンジ油・ティーツリー葉油・グレープフルーツ果皮油が配合されています。
そのほか、ハチミツ・リンゴ酸・コラーゲン・ヒアルロン酸の表示もありました。

パッケージを開封してみると、かすかにスパイシーなシトラス系の香り。かなり爽やかですっきりとした印象で、なるほど朝のお目覚めにいい感じかも!

私が愛用しているこれまでのフェイスパックは、保湿感のあるトロトロのパック液が、したたるほどたっぷり浸してあるものがほとんどです。それに比べて、朝用パックはとろみの少ない液で、量も控えめ。スピーディに仕度したい朝に扱いやすいよう、工夫が感じられます。

実際に試してみて納得!朝ならではの使い心地

パックシートを広げてみると、こんな感じ。通常のフェイスパックより一回り小さめなようです。手でぐっと広げながら貼ることで、すばやく顔にフィットします。

顔に付けた第一印象は、予想以上のミント感。鮮烈な爽やかさで、シャキッと目が覚めました!これは確かに眠い朝にはぴったりです(笑)。

パッケージには「60秒で完了♪」と書かれていますが、さすがに1分間で捨ててしまうのはもったいなくて、しばらく付けていました。
とはいえ、目や口のまわり、小鼻部分はぴったりフィットするように穴が小さめなので、パックしたまま食事をするなどは難しそう。

顔から外したパックシートは、コットンのように折りたたんでパッティングして終了です。ついでにデコルテから腕まで拭いて、サッパリしました。
確かに、普通に洗顔して化粧水を付けるよりも簡単で、きちんと潤う気がします。ベタベタもせず、そのままメイクが始められて、ちょっと感動しました!

寝起きの肌をしっとり整える「目ざまシート」。時短効果もさることながら、むしろコレを朝ゆっくり使いたくて、起きるのが少し楽しみになりそうです。健康的な早起きの習慣づけのきっかけになれば、それもメリットのうちかもしれませんね!

<参考資料>
Saborino(サボリーノ)目ざまシート