一瞬で3D小顔効果!レブロン「インスタントチークメイカ―」を使ってみた

Author : 鈴木真弓
レブロン「フォトレディインスタントチークメイカー」が話題です。ハイライトとチークが一体化して「かっさ」の形になっていて、頬骨に当ててサッと引くだけで、一瞬で小顔効果ばっちりのメイクが完成するとか!実際に購入して使ってみたレポートをお届けします。

コロンと可愛い容器の中身は・・・?

レブロン「フォトレディインスタントチークメイカー」は、特別な技がなくても立体感のあるメイクが一瞬で仕上がる!とSNSでも話題になっています!

容器はコロンとした手のひらサイズ。色味は

001 コーラル×ベージュピンク
002 ヌードピンク×ベビーピンク
003 ボルドーローズ×シャンパンゴールド
の3色展開。

どうしても試してみたく、自分の肌色に合いそうな003番を購入しました。

「かっさ」型のフォルムが頬骨の輪郭をキャッチ!

「フォトレディインスタントチークメイカー」の最大の特徴は、リンパマッサージでおなじみの「かっさ」をイメージしたフォルムです。この形状が、頬骨にジャストフィット!最適な場所にハイライトとチークが入れられる仕組みになっています。

本体はちょうど良い固さで扱いやすく、保湿成分も配合されてつややかな印象。少なくなったらケース側面にあるダイヤルを回せば、口紅のように繰り出せます。

実際に使ってみて分かったコツを伝授!

使用方法は本当に簡単!ハイライト部分が上、チーク部分が下になるように持ち、かっさ型のくぼみを軽く頬に当てます。すると、自分の頬骨の一番高いところが自然にわかります。正面から見ると(個人差もあると思いますが)だいたい瞳の真下から外側のラインあたりになるでしょう。位置が分かったら軽く押し当て、頬骨に沿って、こめかみの方向にシュッとラインを入れます。

チークとハイライトが刷毛で引いたようにしっかり付きますので、境目を指でたたくようにしてなじませたら完成です。肌に乗せたらサラサラのパウダーになりますので、べたつきなどはまったくありません。

なじませる時のコツは、2色を混ぜすぎないようにすること。せっかくの3D効果が失われてしまいます。またチーク部分を下に伸ばし過ぎると頬全体に色が広がってしまうので、広げ過ぎにご注意ください。

もしイメージよりも濃くついてしまった場合や、しっとりした質感が苦手な場合は、ファンデーションのついたスポンジなどで軽く押さえておくと、自然な仕上がりになります。

正直なところ、購入したときは「お試し」という気持ちだったのですが、その手軽さにすっかりはまってしまい、毎日使っています!実は汗にもすごく強いので、この夏は重宝しました。色味を選べばナチュラルにも華やかにもなります。この手軽さ、ぜひ体感してみてください!

<参考資料>
レブロン「フォトレディインスタントチークメイカー」
https://www.revlon-japan.com/pickup/instant_cheek_maker/