【無印良品】防災に備えるシンプルな水

Author : MI
「もしもの備え」毎年9月になると防災の日をきっかけに防災グッズの中を見直します。防災グッズとして必ず用意しておきたいのが水。防災グッズだけのために用意しておくのも良いですが、日々の暮らしの中で自然と備蓄&消費が繰り返されると物を無駄にすることなく自然と備えができます。今回は出しっぱなしでもインテリアを邪魔しないシンプルなお水をご紹介。シンプルといえばやはり無印良品なんですよね!おしゃれなボトルのお水はよく見かけますが、ここまでシンプルなデザインはなかなかありません。

大小の2サイズ。究極にシンプルなデザインです


無印良品から発売された天然水がこちら!500mlと330mlの2サイズです。デザインはシンプルに天然水の文字のみで無印良品らしいおしゃれなもの。北アルプスの雪解け水など地下200mの水脈から汲みあげたそう。飲みやすくまろやかな口当たりです。特に330mlサイズはスリムな上に小さいボトル。普段持ち歩くのにも便利でバッグの中でかさばりません。

同じシリーズで炭酸水も発売!


水同様、日常的に口にする機会の多い炭酸水も同時発売!こちらも同じくシンプルに「炭酸水」の文字のみというシンプルなデザインです。ダイエットや健康面を考えて日頃から炭酸水を飲む方が多いので人気のようです。こちらは1サイズ、430mlのみの販売です。

仕舞い込まずに目に入る場所に収納する


防災グッズを持ち出す際にはリュックなどにまとめておくのが便利!しかし、数本は見える場所に収納しておくことで、存在を忘れることなく、いつでも使える状態にしておくことができます。いざという時、賞味期限切れだったり、故障していては意味がない。我が家では毎日開く収納庫に入れています。目に入ることで賞味期限のチェックをしやすく、普段の生活の中で取り入れながら防災の備えが自然にできるような気がします。

キッチンに出ていてもおしゃれなデザイン


炭酸水は自家製のシロップを割るのにぴったり!!シンプルなデザインなのでキッチンに出しておいてもおしゃれな雰囲気です。

今回はもしもの備えに、そして日常的にも取り入れやすいシンプルな無印良品のお水をご紹介しました。「もしも」はない方が良いのですが、何かあっても慌てず、少しでも安心して過ごせるための備えは必要!防災グッズも暮らしの中にすっと溶け込み、いつでも持ち出せる工夫が大切だと思います。

是非参考にして頂けたら嬉しいです。