【無印良品】「LEDライト100ルクス」が探し物を見つけ出す!

夜に帰宅して、暗い玄関の前で「鍵がみつからない」「鍵穴がみえない」と、困った経験はありませんか?早く入りたいのに入れない……そんなとき、さっと取り出して明るく照らせる、キーホルダーサイズのLEDライトをご紹介します。

サイズ、明るさ、操作性。あらゆる面で合格点のLEDライト

普段から持ち歩きたいので、できるだけ小さく、軽く、そこそこ明るく照らすことができて、できれば、スイッチから手を放しても、点灯し続けてくれる……そんなライトを探しているときにみつけたのが、無印良品の「LEDライト100ルクス」です。

本体の大きさは、約4センチ×1.8センチ×1センチ。本体の端からストラップの端までは約10センチで、重さは約5g。コンパクトで軽いので、キーホルダーとして着けて歩いても、邪魔になることはありません。

商品説明によると、初期照度1000ルクス、連続点灯約20時間(未使用の電池を用いて、10センチの距離から点灯)。実際につけてみると、申し分ない明るさで、手元や鍵穴、足元がよくみえるようになりました。

本体の真ん中にある、白い部分がスイッチです。押すと点灯し、離すと消灯、スイッチを押しながら前にスライドさせると、点灯したままになります。

コイン型リチウム電池(CR1220)を2個使用。電池がなくなれば、交換して使い続けることができます。

価格は税込990円。写真で税込1000円になっているのは、価格見直しの当日に購入したためと思われます。表記は古いままでしたが、レジで990円になりました。

電気を消した暗い部屋で点灯させてみました

写真は、壁と壁が直角に交わるところを、約80センチ離れて照らしたときの様子。照明を落とした部屋で、スイッチを入れました。

照らした場所の周辺も、ある程度明るくなるのが分かると思います。ピンポイントではなく、周辺も明るくなるので、暗い中でバッグの中のものを探すのに便利ですね。

コンパクトなライトを探すきっかけは「防災ポーチ」

東日本大震災をきっかけに、職場や外出先で被災してから安全な場所に移動するまでに必要なものをまとめて、「防災ポーチ」「災害ポーチ」として持ち歩くといいと知りました。

普段持ち歩いているものを見直して、足りないと思ったものの一つが小さい懐中電灯です。そして、無印良品の「LEDライト100ルクス」に出合いました。

当初、ホイッスルとLEDライトをポーチに着けようと思っていましたが、実際に両方着けてみると、やや邪魔に感じたので、LEDライトは鍵に着けることに。鍵は、車の鍵と家の鍵を一緒にして、服のポケットに入れて持ち歩いています。

すると、LEDライトは日常的に大活躍。さっとLEDライトを取り出して照らすと、感謝されることもしばしばです。普段、暗い中で、手探りで鍵を開け閉めしたり、物を探したりすることが結構多いということを実感しました。

日常使いにも、いざというときにも役立つ、コンパクトで便利な無印良品のLEDライト。我が家では、一人一個以上持っています。

<参考資料>
LEDライト100ルクス
https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315095100