シャンプー&コンディショナーの残りを再利用!

髪を洗うシャンプー&コンディショナー。片方だけ先に使い切ってしまったり、頭皮や髪に合わなかったり、試供品でもらって使わずじまいだったりで中途半端に残ってしまうこと、ありませんか?そんな余りモノのシャンプー&コンディショナーを、スッキリ消費する使い道をご紹介します。

余ったシャンプーは、掃除に使える

頭皮や髪の皮脂・タンパクといった汚れを落とすシャンプーは、同様の汚れがたまりやすいお風呂場の掃除に実はピッタリです。ただ、お風呂洗い専用洗剤ほど泡切れはよくないので、原液をそのままスポンジに付けて洗うと、すすぐのが少し大変に。あらかじめ水やぬるま湯で薄めると使いやすいです。

シャンプーはさらに、トイレ掃除にも使えます。水垢などの汚れ落ちが意外といいうえに、シャンプーならではのよい香りがトイレに残ります。小さなボトルなどに詰め替え、少しふたを開けてトイレに常備すれば芳香剤代わりになるし、すぐに掃除もできるしで一石二鳥かも!?

コンディショナー(リンス)の使い残しは、柔軟剤代わりに

コンディショナー(リンス)は、洗濯のときの柔軟剤に。水やぬるま湯に溶いて市販の柔軟剤程度に薄めると、洗濯機で溶けやすくなります。普段の洗濯では柔軟剤は使わないけれど、毛布など大物はフワフワに仕上げたい……そんなわが家では、わざわざ柔軟剤を買う必要がなくなり重宝しています。

家具など室内の拭き掃除には、バケツの水に少量のコンディショナーを溶かして絞った雑巾で。これからの季節で気になる静電気を防止し、ホコリを付きにくくする効果が期待できます。床掃除に使えば、フローリングのツヤ出しにもなりますよ。

セット使いで、デリケートな衣類の手洗いにも

シャンプーとコンディショナーは、おしゃれ着の手洗いにも最適です。洗面器の水やぬるま湯にまずシャンプーを溶いてやさしく押し洗いしたら、次はコンディショナーを溶かした水に浸してすすぎます。スッキリ、なめらかな仕上がりになりますよ。どちらもやはり、薄めに溶くことがポイントです。

コンディショナーを溶かしたぬるま湯に縮んでしまったセーターやニットを浸け置きすれば、復活できるという情報も。筆者はまだ試したことはありませんが、衣類をうっかり縮ませてしまったら、ぜひチャレンジしてみたいです。

このほかにも、シャンプーかコンディショナーを少しつけた布で鏡や窓ガラスを拭けば、くもり止めや結露対策になります。結露が気になる季節を前に、ぜひ覚えておきたいですね。

ここにご紹介したアイデアを駆使すれば、持て余していたシャンプー&コンディショナーも、きっとスッキリ使い切れること請け合いです♪掃除や洗濯のときに、ぜひ思い出してみてくださいね!