手肌も心もしっとり♪ほのかな香りに癒される
無印良品のハンドクリーム

手が荒れやすいので、家事にはゴム手袋が必須で、年中ハンドクリームが欠かせません。これからの季節は特に、寒さと乾燥でひどくなりがちです。そんな中のささやかな楽しみは、ハンドクリーム選び。無印良品のハンドクリームの中から、香りが気になったものをご紹介します。

塗るたびにうっとり♪保湿だけでなく気分転換にも

使ってみたのは、「ローズ」「ネロリ」「ラベンダー」「ブルターニュの海藻」の4種。

「ローズ」というと、香りがきついものもありますが、こちらは、控えめな甘すぎない香りが好印象。天然うるおい成分のノバラエキスが配合されています。

「ネロリ」は、ほのかに甘い柑橘系。天然うるおい成分のオレンジ花水配合です。個人的には、これが一番気に入りました。

「ローズ」と同じく「ラベンダー」も、香りが強すぎることがよくありますが、こちらの「ラベンダー」は、ほんのりと香るタイプ。天然うるおい成分のラベンダー花エキスが配合されています。

「ブルターニュの海藻」は、天然うるおい成分として、フランスブルターニュ地方の海藻エキスが配合されています。やわらかな甘い香りで、海藻のにおいはありません。

保湿効果を求めて塗るハンドクリームですが、塗るときのちょっとした時間は気分転換にもなります。気分やシチュエーションに合わせて、香りを使い分けるのもいいですね。

ローズ、ネロリ、ラベンダーは合成香料無添加・無着色・無鉱物油・弱酸性。ブルターニュの海藻は、無着色・無鉱物油・弱酸性・アルコールフリーです。

塗った後すぐでもスマホやPCが使えます

白い容器の「ブルターニュの海藻」だけ、他と比べて色ツヤが若干違いますが、実際に塗ってみたときの感じは、4種類で変わりません。どれもテクスチャーが柔らかく、すっと伸びて手になじみやすいです。

べたつく感じはまったくなく、でも、保湿性はあります。塗ってすぐに、スマートフォンやパソコンを操作しても、タッチが反応しないとか、指紋がついてしまうといったことはありませんでした。

ハンドクリームの効果を上げる、ちょっとした手間

手が乾燥していると思ったら、すぐに塗りたくなってしまうハンドクリーム。でも、塗る前のひと手間が効果アップにつながります。

最近試すようになって、効果を感じつつあるのが、ハンドクリームの前の化粧水です。化粧水で指先や手の甲をしっとりとさせた後、その水分をのがさないように、ハンドクリームで保湿します。

ハンドクリームは手のひらに出し、少し伸ばしながら温めて、手の甲や指先、指の間に伸ばしていきます。塗った後、ハンドマッサージをすれば、さらに効果的ですね。

今回のハンドクリームは、いずれも縦3.5×幅5.5×高さ11.0cmで50g。蓋はワンタッチキャプ式。小さいハンドバッグに入れるには、やや大きいかもしれませんが、バッグに入れて持ち歩いたり、オフィスの机の中にしのばせたり、家のいろいろな場所に置いたりして使うのにちょうどいいサイズです。