マスカラ下地でメイク顔を長時間キープ!

汗ばむ季節、通勤や外出・家事で汗まみれになると気になるのはメイクの崩れ。一度崩れてしまったメイクを元通りの状態に直すのは至難の業です。でも、朝のひと手間で一日中「メイク顔」をキープできるのです。秘策はマスカラ下地!マスカラやまつ毛カールをキープすることで「すっぴん戻り」を防ぎましょう。

汗ばむ季節のお悩み「すっぴん戻り」に救世主!?

照りつける太陽やジメジメ湿気で、せっかくメイクした顔にも玉のような汗が……。汗に強いウォータープルーフの化粧品もありますが、完璧にはいかないもの。夏場のメイク崩れには悩まされますよね。

特にアラフォー以降の女性は、ホルモンバランスで汗をかきやすくになる場合も。私も例に漏れず、しっかりメイクして出掛けたのに、人に会う前にすでに汗でヨレヨレ。特にアイメイクが崩れて、カールしておいたまつ毛がすっかり下がってしまうと、急激にすっぴんに戻るような気がしていました。

ふと「上向きまつ毛がキープできたら、ちょっとはマシ?」と思い、下地用のマスカラを購入してみたところ、これがビンゴ!すっかり欠かせないアイテムとなっています。

マスカラ下地で長時間「上向きまつ毛」をキープ!

「マスカラ下地?朝にひと手間増えるなんて時短じゃない!」と思うかもしれませんが、アイラインを省略しても、ファンデーションが崩れても、目元のパッチリ感がキープできているだけで、お化粧直しに気を使う時間が圧倒的に少なくなります(筆者体感ずみ)。子どもの塾や習い事の送迎で、夜まで長時間活躍せざるを得ないママ世代や、マツエク・つけまつげに抵抗のある人でも試しやすいですよ!

使い方は簡単。まつ毛をビューラーで上げた後、下地用マスカラでカールを固定させ、次にいつものマスカラを塗ります。愛用しているマスカラがあれば、マスカラ下地も同じメーカーで選ぶと相性が良いですし、繊維入りなど欲しい機能のものを探すのもおすすめです。

マスカラ下地+マスカラをキレイに仕上げるコツは?

マスカラ下地が透明や白色など目立たない色になっている場合、見えにくいのでつい塗り過ぎてしまうことがあります。マスカラと同じで、ブラシについた液をしごいて適量にし、まぶた側のまつ毛にひと塗りしてから、表側を持ち上げるように塗っていくのがポイント。

繊維が大量に入っている商品は、あまりごしごし擦りつけると、繊維が飛んで目に入ってしまうので要注意。ブラシをまつ毛に押し当てて、まばたきするようにしてみると、早くきれいに付いてくれます。

下地が乾いたら(すぐに乾きます!)マスカラもブラシについた液を適量にし、まつ毛が束にならないよう注意しながらサッと塗ってください。

プチプラなマスカラ下地ならコレ!コスパ最高な2商品を源泉紹介

ここからは、SNSやアットコスメでも話題になっているプチプラなマスカラ下地を2商品紹介します。どちらもデパコスにひけをとらない機能性で、大満足間違いなし♪仕上がりの好みにあわせて選んでみてくださいね。

①CANMAKE(キャンメイク)クイックラッシュカーラー

1つめにおすすめするのが、プチプラコスメの王道「キャンメイク」の「クイックラッシュカーラー」。とにかくカールキープ力がすごいと話題に。長めのブラシにしっかり液が絡み、まつ毛を強力にカールアップしてくれます。液はクリアなので、ナチュラルに仕上げたいすっぴん風メイクにもおすすめ。お値段も680円(税抜)と非常にお手頃なので、マスカラ下地初心者さんにもぜひ試してほしい商品です。

②エテュセ ラッシュバージョンアップ

2つめにおすすめするのは、長さを重視したい人にぴったりな「エテュセ ラッシュバージョンアップ」。たっぷりの繊維が入っていて、しっかりカールを持続しながら、憧れのロングまつ毛が実現できる商品です。液はブラックなので、上からマスカラを重ね塗りせずに使用しても、十分パッチリな目元に。朝のメイク時間を短縮したい方にもおすすめです。

マスカラ下地で常にパッチリな目元をキープ♪

マスカラ下地を使うと、いつものクレンジングで落ちにくい場合があるので、アイメイク用のクレンジング剤の使用がおすすめ。夏場のメイク崩れに悩んでいる方や、メイク顔を長時間キープしたい場合は、マスカラ下地をぜひお試しください!