チェリーの香りが染み渡る、
レンジで温めるチェリーの種のカイロ

近年すっかりメジャーになった、レンジで温めて使うタイプのカイロ。小豆や小麦が入っているものや、ジェル状のものが知られていますね。今回は筆者が愛用している【kersepitje (ケルセピット)】のチェリーストーンピローをご紹介します。

チェリーブランデーの香り漂う、癒しのカイロ

【kersepitje (ケルセピット)】のチェリーストーンピローとは、ベルギー生まれの温熱療法用のカイロです。チェリーブランデーを作ったあとの、さくらんぼの種がたっぷり入っています。加熱するとほんのりさくらんぼの香りがして、種の重さと相まって、暖かさがじんわり染み渡る癒しのカイロです。


ぎゅっと握ってみると、種のぼこぼこが見えますね!このようにたっぷり充填されています。


側生地は、キレイなチェリー色の、オーガニックコットンを使用。上品なさくらんぼ柄が織り込まれていて、見た目にも温かみを感じるデザインになっています。

チェリーストーンピローの使い方とお手入れ方法

チェリーストーンピローは、電子レンジで加熱して使用します。
加熱方法はアイテムによって変わりますが、タグの裏側に、ワット数と加熱時間が書いてあるので、参考にできます。筆者が利用しているロングタイプでは、600ワット~800ワットで最高3分まで加熱すると書いてありました。

チェリーストーンピローは、さくらんぼの種と、種の中の空気が温まります。手で表面を触った時よりも、体に沿わせたときの方が熱く感じることが多いので、短めの加熱時間で試してください。また、電子レンジの機種によっても温まり方に差がありますので、ちょうど良い加熱時間を探しましょう。

加熱後は首に巻いたり、腰に当てたりして使用します。パソコン使用時に太ももの上に掛けておくと、足全体がホカホカしておすすめですよ!

なお、夏場はチェリーストーンピローを冷凍庫で30分ほど冷やせば、冷却枕としても活躍!一年を通して愛用できる、天然素材のピローです。

汚れたら丸洗いすることも可能です。

チェリーストーンピロー、どんな種類がある?

出典:チェリーストーンピロー ロング/kersepitje(ケルセピット)

チェリーストーンピローには、筆者愛用のロングタイプを含め、次のようなサイズで販売されています。

・スモール  13cm x 26cm
・ロング   13cm x 55cm
・クラシック 27cm x 27cm
・ジャンボ  22cm x 49cm

温めたい部位や使用方法によって、適したサイズを選ぶと良いでしょう。大きいサイズがあるのは嬉しいですね。

【kersepitje (ケルセピット)】のチェリーストーンピローは、パッケージもどことなくクリスマス風です。気のきいた年末のプレゼントにもおすすめですよ!