「きき湯ファインヒート」を
試してみた!

Author : 早樹
疲れを取りたい、リラックスしたい時などに入浴剤を使っていますか?私はほぼ1年中さまざまな入浴剤を使っています。特に「きき湯」シリーズは湯上り後にポカポカ感が長く続く感じがしてお気に入りなのですが、先日、なかなか疲れがとれなかったので、以前から気になっていた「きき湯ファインヒート」を試してみましたのでその効果をご紹介します。

「きき湯ファインヒート」とは?

炭酸ガスが配合された発泡入浴剤「きき湯」シリーズの中でも約4倍の濃厚炭酸ガスや、温泉ミネラル、ジンジャー末が配合されているタイプです。「きき湯」シリーズは、「腰痛・肩こり」向けのマグネシウム炭酸湯、「冷え性・疲労」向けの食塩炭酸湯、「肌荒れ・しっしん」向けのクレイ重曹炭酸湯など、症状別にラインアップが多彩です。パッケージがいかにも「疲れをとります!」という感じでいいですよね。
近所のドラッグストアでは「きき湯ファインヒート」が1本税込み約900円(通常の「きき湯」は1本税込み600円ほど。)と、入浴剤に1000円近くを出すことにちょっとためらいがありましたが、寒くなってきて疲れがなかなか抜けないので思い切って購入しました!

粒の大きさにビックリ!

今回購入したのは、「きき湯 FINE HEAT」の「カシス&シトラスの香り」。他にも種類があるのですがピンク色のパッケージに魅かれたことと、カシスの香りが好きなことから選びました。

さて、ボトルから入浴剤を出してみてビックリしたのが、粒の大きさ!長さ約2cmもあります。通常の「きき湯」と並べてみたのが、次の写真です。

左が「きき湯ファインヒート」で、右が通常の「きき湯」です。大きさがずいぶん違いますよね。濃厚炭酸ガスに期待してさっそくお風呂に投入!

きき湯ファインヒートの効果は?

シュワシュワと炭酸ガスが勢いよく発泡!通常の「きき湯」より強い感じです。入浴してみたところ、お湯は優しい肌ざわりで、特にきつい刺激は感じませんでした。入浴剤は人によって感じ方が異なると思いますが、私の場合「きき湯 ファインヒート」の入浴後の方が、通常の「きき湯」よりも長くポカポカ感が持続して身体の芯から温まったように思いました!そのおかげか疲労感も抜けたような。これからもっと寒くなってきたら、使う回数を増やしていきたいです。

「きき湯ファインヒート」は1本400g入りで、約8~10回分となっています。1回あたり100円ほどとなり、この濃厚な炭酸ガスとお湯が気に入ったので、これからも常備しようと思いました。なお、バスクリンのサイトによると、「きき湯」をはじめ各種入浴剤はすべて満3カ月以上の赤ちゃんと一緒に楽しめるそうです。