iPhoneの充電ケーブルを長持ちさせる100均グッズを試してみた

iPhoneの充電ケーブルがちぎれかけて、マスキングテープや配線カバーで補強を繰り返していましたが、100均に便利グッズがあると知り、早速購入してみました。もっと早く買えばよかったと思ったケーブルガードをご紹介します。

新品だったのに、気付けば壊れている充電ケーブル

私は、「こんなぼろぼろ、よく使っているな」と子供があきれるような充電ケーブルを後生大事に使っています。中の銅線が見えているので、「このアクセサリは使用できません」と言われてしまうのも、時間の問題かもしれません。

応急処置で何とか継続使用中

これまで、マスキングテープでぐるぐる巻きにしていたのですが、応急処置として100均で購入した「ドライヤーで熱収縮する配線カバー」を使って保護してみました。

適当な長さにカットし、ドライヤーで熱を加えて収縮させるだけです。根本的な解決にはなりませんが、車の中で充電するときに使う用として、常時車に置いておくならこれで十分です。

純正のiPhone用充電ケーブルを購入

しかし充電は毎日のことなので、さすがに新しいものが必要になり、購入することに。以前、コンビニやAmazonなどで安価な純正ではないものを購入し使っていたこともあるのですが、しばらくすると接続不能になってしまった経験があります。安く購入しても、トラブルになるリスクを考え、ここは純正を購入することにしました。

2mのケーブルだと、3,500円(税別)もするので、1,800円(税別)の1mのものにしましたが、何とか今回は長持ちさせたいと思っています。

「ボールペンのバネで補強」は失敗

この方法は子供がネットから探してきました。ボールペンのバネの部分をコードに巻き付けて断線を予防しようというものです。Twitterで話題になっていたらしく、「これで断線しなくなるらしい」とコイル部分をケーブルの根元にぐるぐると巻き付けました。しかし、巻き付け方が下手だったのか、弱りかけていたケーブルをより悪化させることに!

ネット上での評判は悪くない方法だったのですが、不器用な私には向いていないので、この方法は断念しました。

手軽なのはSeria(セリア)で見つけたケーブルガード

100円ショップのSeria(セリア)の携帯電話のアクセサリーコーナーで見つけました。「断線しやすいコネクタ付近に取り付けることにより、ケーブルの過度な曲がりを抑えることができます」というもの。

2種類のパーツで順にケーブルをはさんで固定するだけなので、取り付け方法も至って簡単。確かにこれなら、一番負荷のかかりやすい根元部分の曲がりを抑制できそうです。

使い始めて1カ月。こんな便利なものがあるなら早く買えば良かったと実感しています。すぐに外れたり無くしたりすることもなく、ケーブルガードはケーブルと一体化しているので、使いにくさもありません。セリアで手に入るので、ぜひお試しください。