【100均】冬のパーソナル暖房にお役立ち!「湯たんぽ」のススメ

部屋の暖房をオンにするほど寒くはないけれど、なんとなく冷える……そんな「ちょい寒」なときに役立つのが、湯たんぽです。もう10年来、湯たんぽを愛用している私が、その魅力と効果的な使い方をご紹介します。

湯たんぽの魅力

お湯を容器に入れるだけで暖をとれる湯たんぽは、その手軽さが最大の魅力。お湯を沸かす以外のエネルギーを使わない、エコな暖房器具でもあります。一般的な暖房器具に比べると安価で入手でき、長く繰り返し使えるので、コストパフォーマンス面でも優秀。熱湯を使うことでの火傷のリスクや、時間の経過とともに温度が下がっていくという弱点はありますが、それを補って余りある「冬の力強い助っ人」です。

素材は昔ながらのブリキや銅などの金属製、ずっしりと安定感のある陶磁器製、扱いが簡単なプラスチック製やゴム製が中心。最近では、断熱性や保温性の高いウエットスーツ素材で作られた湯たんぽもあるようです。

湯たんぽは一日中、大活躍♪

我が家では昼も夜も一日中、湯たんぽがフル稼働です。昼間は自宅での座り仕事中に、膝に湯たんぽをのせてひざ掛けをかければ、じんわり温かく暖房いらず。ちなみに最近愛用しているのは、やわらかく体に沿うゴム製の湯たんぽ。今この原稿を書いている間も、低温やけどしないようときどき当てる場所をずらしながら、ヌクヌクを楽しんでいます♪

夜はやはり、眠るとき。布団に入れて足先をあたためながら眠りにつくと、寝付きがぐっと良くなります。徐々に温度が下がりつつも、朝方までほんのりあたたかさが持続するので、夜中に足先が冷たくて目が覚めるということがなくなりました。

ただ、以前、湯たんぽの栓のパッキンが劣化しているのに気づかず使っていて、布団にお湯がもれてしまった苦い経験も。素材によっては本体にヒビが入っていたりすることもあるので、定期的に状態はチェックすることをおすすめします。

100均の湯たんぽでもOK!

湯たんぽの便利さは巷でも話題のようで、最近では100円ショップでも入手できるようになりました。たとえばDAISO(ダイソー)では、両手に載るくらいのサイズの湯たんぽが、200円商品として販売されています。

試しに購入してみたところ、思った以上にしっかりした作りです。キャップのねじ部分もきっちり閉まり、これならお湯もれの心配は少なそう。一定の安全基準に合格した消費生活用製品に付けられる「SGマーク」付きなのは安心です。

容量が400mlで一般的な湯たんぽに比べると小さめですが、冷めやすいということもなく、ちゃんと数時間は温かさが持続していました。別売りで、専用のカバー(こちらは100円)もあります。

使い終わった湯たんぽのお湯は、再利用すればさらにエコ。ひと晩布団の中に入れていた湯たんぽのお湯は、朝もぬるま湯程度の温度なので、洗顔や洗い物に利用可能。私はスチーム式加湿器に投入して、部屋の加湿に使っています♪