夏休みの自由研究に役立つ映画特集<小学校低学年>

夏休みもそろそろ中盤ですね。長いお休みの最後になって、いつも親子で頭を悩ますのが「自由研究」。テーマ探しって苦労しますよね。そんなとき、意外かもしれませんが映画が役に立つんです。今回、親子のための映画情報サイト「こども映画プラス」を主宰する工藤雅子さんに、楽しみながら題材に興味を持つことができる作品を小学校低学年、高学年それぞれ2本ずつご紹介いただきました。

「くまのパディントン」を観て マーマレードを作ろう!


長年愛され続けるイギリスの児童文学「くまのパディントン」を実写とCGで映画化した作品です。はるばる南米ペルーの奥深いジャングルから、イギリス・ロンドンにやってきたのは、ちょっと野生的で、とっても紳士なクマ。降り立った駅で、親切なブラウン夫人に、駅名と同じ「パディントン」と名づけてもらい、家に泊めてもらうことになります。パディントンがなれない都会暮らしで巻き起こす大事件に、子どもたちは大笑い間違いなしです。
映画をみたらパディントンの大好物、マーマレードを作ってみましょう。続編の「パディントン2」で、実際に作っているシーンも出てくるので、子どもたちのやる気も高まります。作り方は、「作りたい!が見つかる レシピ動画サイト DELISH KITCHEN」の動画をチェック。

甘くてさわやか!甘夏のマーマレードを作ってみましょう。映画の感想と、調理の様子や手順を写真にまとめれば、自由研究の完了です。

『パディントン2』”発売中”
発売元:株式会社キノフィルムズ/木下グループ
販売元:ポニーキャニオン
価格:Blu-ray+DVDセット¥4,500(本体)+税
プレミアム・エディション【初回生産限定・Blu-ray】¥6,500(本体)+税
(C) 2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.

「皇帝ペンギン ただいま」でペンギンの生態を学ぼう!

南極に暮らす皇帝ペンギンの子育てを13ケ月にわたって撮影したドキュメンタリーです。前作にあたる「皇帝ペンギン」は世界中で2500万人がみた大ヒット作。マイナス40度、時速250kmのブリザードが吹く南極で、ペンギンたちは、エサがある海からわざわざ100kmも内陸にある場所へ産卵のために行進していきます。メスが卵を生むと、それをオスが受け取り、2ケ月もの間、両足にのせて必死に守り、赤ちゃんが生まれてくるのを待ちます。カメラは、生まれた子どもたちが一人前になり、海へと旅立っていくまでを追い続けます。TVでも数多くの動物番組がありますが、ぜひこれは大きなスクリーンでご覧になってください。その迫力にきっと忘れられない思い出となることでしょう。

映画をみたら、驚きに満ちたペンギンの子育てについて図鑑で調べてみましょう。映像には、本を読むだけでは想像しづらい多くの情報が含まれていますので、理解を助けてくれることでしょう。映画館にあるチラシの写真を使って、絵日記風にまとめるのもおすすめです。

「皇帝ペンギン ただいま」8月25日から全国順次公開

(C)BONNE PIOCHE CINEMA – PAPRIKA FILMS – 2016 – Photo : (C) Daisy Gilardini