夏休みの自由研究に役立つ映画特集<小学校高学年>

<低学年>に引き続き、今回は<小学校高学年>向け「自由研究」のテーマ探しに役立つ映画特集です。親子のための映画情報サイト「こども映画プラス」を主宰する工藤雅子さんに、楽しみながら題材に興味を持つことができる作品をご紹介いただきました。

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」折紙でコマ撮りアニメを作ってみよう!


日本を舞台に、世界最高レベルの技術で撮影したストップモーションアニメーションです。
三味線の音色を使って、折紙に命を与え、意のままに操る不思議な力を持つ少年クボは、幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に片目を奪われ、最果ての地へ母と逃れます。しかし、闇の刺客に母を殺され、一人になったクボは、逃亡の旅の途中で出会った面倒見の良いサル、弓の名手のクワガタらの仲間を得て、祖父との対決に挑むのですが…。

日本人の誰もが知っている折紙が、自由に動き回る様に新鮮な驚きを覚えます。子どもたちも折紙が「かっこいいもの」に感じられるはず。映画に登場するクワガタやサルを折ってみましょう。

ネットにはたくさんの折紙動画がありますので、探して作るのも楽しいですね。また作った折紙を少しずつ動かしながら、stop motion studio(無料)というスマホアプリを使って撮影し、コマ撮りアニメを作ってみましょう。一味ちがった自由研究となるはずです。


『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
価格:¥3,800(税抜)
発売・販売元:ギャガ
©2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」遺伝子を学ぼう!

本物の恐竜を飼育するテーマパークで恐竜たちが暴走し人間に襲いかかるパニックムービーです。前作「ジュラシック・ワールド」で起きたあの大惨事から3年-大人気テーマパーク「ジュラシック・パーク」は放棄され、恐竜たちは大自然で自由に生活を始めていた。しかし、島では火山が噴火し、危機的状況に!果たして、人間は恐竜たちを救い出すことができるのか。そして、人間と恐竜が共存できる未来は来るのか…。

スピルバーグが製作総指揮をつとめる人気シリーズだけに最新のCG技術と物語の展開は観客を一瞬も飽きさせません。ただ恐竜が人を襲うシーンなど、かなり怖いので、小学校の低学年よりは高学年におすすめです。
映画を見たら、恐竜について調べるもいいですが、ぜひ遺伝子学、DNAにチャレンジしてください。注目される分野であり、将来の職業としても有力候補。「目で見る進化 ダーウィンからDNAまで」、「DNAがわかる本 」など子ども向けに書かれた本もあります。本は読むのに少し時間がかかりますから、早めに手を付けましょう。

続編の「ジュラシック・ワールド/炎の王国」は劇場公開中です。
(C)Universal Pictures


J:COMではテレビやスマホ、タブレットでも楽しめる動画サービス「J:COMオンデマンド」で「ジュラシック・パーク」シリーズを配信中。詳しくはこちら