紙コップで簡単!子どもと一緒に工作~きんたろう編~

用意するものはこちら

用意するのは、4色の紙コップとペン、はさみです。紙コップは、同じ物がなければ白い紙コップに色を塗ったり、色紙や折り紙を白い紙コップに貼ったりして用意しても良いでしょう。

紙コップで「きんたろう」の作り方

それでは実際に作ってみましょう。

ステップ1.「きんたろう」の体を作ろう

まずは、「きんたろう」の体から作っていきましょう。

①黄色い紙コップに赤い紙コップを重ねる

最初に、黄色い紙コップの上に赤い紙コップを重ねます。

②「きんたろう」の腕になる部分を下書きする

「きんたろう」の腕を作ります。紙コップに2cmほどの幅になるように下書きの線を書きましょう。

③下書きの線に沿って紙コップをカット

線の通りにはさみで切ります。2つ重なった紙コップを切るので、少し力が必要。お子さんが作業する場合は注意してあげてくださいね。反対側も同じように切り、2本の腕にします。

④赤い紙コップだけ切り取る

重ねて切った紙コップのうち、赤い紙コップだけ切った部分を切り取ります。

両方切るとこんな感じ。

⑤黄色い腕を折り曲げる

黄色い紙コップの部分を真ん中で折り曲げて腕を作ります。金太郎が腰に手を当てているイメージですね。

両方の腕を曲げるとこんな感じ。

⑥赤い紙コップを切り込みの真ん中あたりまでカット

赤い紙コップを黄色い紙コップから外し、切り込みの真ん中あたりまで切り取ります。赤い紙コップは「きんたろう」の鎧になります。

切るのはこのあたり。下書きすると良いですね。

前と後ろを両方切ったら、もう一度黄色い紙コップに重ねます。鎧を着た「きんたろう」の体に見えてきましたか?

⑦黄色い紙コップを切って足を作る

黄色い紙コップを三角に切り取ります。前と後ろ両方切って、「きんたろう」の足にします。

これで「きんたろう」の体の完成!

ステップ2.「きんたろう」の顔をつくろう

次は「きんたろう」の顔を作りましょう。顔には白い紙コップを使います。

⑧白い紙コップを真ん中あたりでカット

白い紙コップの真ん中あたりにぐるっと一周下書きします。

線に沿って切っていきましょう。余った紙コップは違う工作に活用してくださいね。

⑨切った白い紙コップを、「きんたろう」の体に重ねる

「きんたろう」の顔と体を重ねましょう。

ステップ3.「きんたろう」の髪の毛を作ろう

続いて、「きんたろう」の髪の毛を作ります。使うのは黒い紙コップ。黒い紙コップがない場合には、白い紙コップに色を塗ったり、折り紙を貼ったりしてもOKです。

⑩黒い紙コップも真ん中あたりでカット

先程の白い紙コップと同じように、真ん中あたりでぐるっと切ります。下書きには赤いペンを使うと見やすいですよ。

線に沿って切りましょう。

⑪髪の毛をおかっぱ頭にカット

髪の毛を、「きんたろう」のヘアスタイルであるおかっぱ頭の形に切ります。

イメージはこんな感じ。おかっぱ以外にも、自由な髪形を試してみても楽しいかもしれませんね。

前髪を作った場合は、少し外側におるとそれらしくなりますよ。

⑫髪の毛を「きんたろう」の顔と体に重ねる

「きんたろう」の髪の毛を、顔と体のパーツに重ねます。

⑬「きんたろう」の顔を書く

マジックで顔を書きましょう。


できたくんが書いたのはこんな顔。笑顔や怒り顔、りりしい顔など、いろんな表情で楽しめそうですね。

⑭お腹に「きんたろう」の”金”のマークを書く

「きんたろう」のトレードマーク、お腹の”金”のマークを書きましょう。

⑮できあがり!

自由な発想でいろいろアレンジしてみよう

髪形や鎧の色を変えたり、「きんたろう」の表情を変えたり、発想次第でいろいろなアレンジもできます。例えばこんなロングヘアーの「きんたろう」もかわいいですね。

子どもと一緒に楽しめる紙コップ工作

今回は、紙コップでできる「きんたろう」の作り方をご紹介しました。5月の工作にぴったりなきんたろうを、ぜひ次のお休みに、お子さんと一緒に作ってみませんか。