GWにぴったり!子どもと一緒に作れる簡単かぶと飾りのご紹介

用意するもの

用意するものは、水玉の赤い紙コップと黄色い紙コップ。ペン、ハサミ、そしてボンドです。

「かぶと飾り」を作ってみよう!

準備ができたら、さっそく「かぶと飾り」を作ってみましょう。

①赤い紙コップを真ん中で切る

まずはかぶとを作っていきます。赤い紙コップのだいたい真ん中あたりにペンで下書きをして、それに合わせて、ぐるっと一周真ん中で切っていきます。

②赤い紙コップをYの字に切る

次にかぶとの顔が出るところを作ります。まずは①で切った赤い紙コップの真ん中くらいまでまっすぐ線を引いて、その後Yの字になるように下書きをし、切ります。

③切ったところを折って広げる

②で切り込みを入れた部分を折って広げます。きちんと折って、折り目にしっかり手でアイロンをかけましょう。
これでかぶとの土台部分の完成です。

④黄色い紙コップの縁と底をきる

今度は黄色い紙コップの底の部分と縁の部分を全部切っていきます。

⑤3cmくらいの部分で二つに切り分ける

縁と底を切って広がった黄色い紙コップを3cmくらいの部分で切ります。

⑥小さい方に三日月を書いて切る

⑤で切った黄色い紙コップの小さい方に三日月を書きます。そして下書きの線に合わせて切っていきます。この時、線ぴったりに切ろうと思わなくても大丈夫!周りを少し残して切ってもいいですよ。

⑦大きい方の紙を半分に折る

切り分けた大きい方を内側に半分に折ります。これは、かぶとを飾る時に後ろにある屏風になります。
屏風が立ちにくい時は底の部分をまっすぐに切ると、しっかり立ちます。

⑧かぶとと三日月をくっつける

⑥で作った三日月と最初に作ったかぶとをくっつけます。ボンドや両面テープで、かぶとの真ん中に三日月がくるように貼り付けてください。

⑨模様を書く

かぶとに模様を書きます。線を引いたり、花や星・ハートなどの模様を書いたり、自分の好きなように書いてみてくださいね。

⑩完成

かぶとと屏風を組み合わせれば、かっこいいかぶと飾りの完成です!
お家にある木箱やお菓子の箱を台にして、上に屏風とかぶとをおけば、本当のかぶと飾りのようになりますよ。
また、同じく紙コップで作れる金太郎に、このかぶとをかぶせることもできます!

好きなカラーや模様でアレンジ自由自在

紙コップの色やかぶとに書く模様で、アレンジは自由自在!ぜひお子さんと一緒に世界で一つだけのオリジナルかぶと飾りを作ってみてくださいね。