自宅でつくろう!紙コップでできる「こいのぼり」を紹介

用意するのはこちら!

水玉模様の紙コップ、白い紙コップ、紙コップの底を用意します。紙コップは重ねて使うので同じ大きさのものを用意してください。そして、紙コップの底というのは底から約1センチ弱で切り取ったものです。あとは割りばし、輪ゴム、黒インクのペン、はさみにセロハンテープがあれば準備OKです♪
それではさっそく作り方をご覧ください!

①柄付きの紙コップに下書きをして、切り取る


柄付きの紙コップが半分になるように、黒のマーカーを使って線を引き、半分に切ります。
この底の部分がこいのぼりの模様になります。
そして半分に切った柄付き紙コップと、白無地の紙コップを合体させると…あら簡単!こいのぼりのボディが完成です。

②目とヒゲを描き…こいのぼり本体が完成!

黒インクのペンを使って大きな丸を描きます。この丸の中にひとまわり小さい丸を描き、小さい丸を塗りつぶすと…こいのぼりの目が完成!目の下にはこいのぼりのひげも書き加えます。うまく描けるかな?

③割りばしを折る

こいのぼりの土台の部分は割りばしを使います。割りばしを割って、写真のように片方の割りばしにハサミで切れ目をいれて、半分に折ります。
この作業をお子さまがされる場合は大人の目の届く範囲で行うか、大人の方が代わりにするなどして、ケガすることのないように注意してくださいね。

④長い割りばしと半分に折った割りばしをつなげる


折っていない方の割りばしの先端に輪ゴムを引っ掛け、交差させた短い割りばしに輪ゴムを何度もクロスさせて、割りばしの先端に引っ掛けるようにして輪ゴムを止めます。

⑤こいのぼりの棒の完成!

このような状態になればOKです♪もう少しで作業は終了ですよ~!

⑥こいのぼりの飾りを作る

紙コップの底を切り取ったものに、模様を描きます。黒インクのペンを使って、線を引き「ばってん」になるように書きます。このばってんを2つ書けば模様の完成です。

⑦こいのぼりの飾りを棒に張り付ける

こいのぼりの飾りを、割りばしで作ったこいのぼりの棒にくっつけます。模様を描いたほうを表にして、裏側に割りばしの土台がくっつくようにセロハンテープを使って張りつけてください。
こんな感じになればOKです♪

⑧こいのぼりをのせて完成!

世界にひとつだけのこいのぼりの完成です!

⑨紙コップのおうちにこいのぼりをくっつけよう

同じように紙コップを重ねてつくったおうちにセロハンテープを使って張り付けると、屋根より高いこいのぼりに変身!

屋根より高いこいのぼりの完成!

こいのぼりの柄の部分は、色を変えてみたり他の柄にしてみたりしても楽しめますよ♪つくったこいのぼりは是非ご家庭で飾って、端午の節句を楽しんでくださいね。