乳がんのセルフチェックは“おっぱいチェック体操”で!

思わずカラダが動いちゃう“おっぱいチェック体操”

検診に行っていても乳がんになったという話を聞くと、次の検診まで不安がつのるものです。そんなときは自分でおっぱいのチェックをしてみませんか。実は乳がんになった人の60~70%※は自分で発見しているのです。なんとなくおっぱいを触ると固いものがあった、お風呂で洗っているときにアレっと思ったなど、さりげない仕草で見つかることも。カラダを守るためにもおっぱいに触れるチャンスを増やしましょう。

※出典 https://www.jcancer.jp/wp-content/themes/jcancer150430/data/pdf/kyokaiho0912.pdf

エクササイズで社会貢献をしたい!乳がん啓発運動指導士

「おっぱいチェック体操」は、ポップな曲でテレビを見ながら思わずカラダが動いちゃう楽しい体操。セルフチェックだけでなく、リンパマッサージも入っていますので、全身がポカポカして冷え性も改善できそう。お風呂で体を洗うときにもオススメです。

おっぱいチェック体操のナビゲートをしているのが乳がん啓発運動指導士。「乳がんの基礎知識を持ち、乳房自己検診ができるリンパトーンストレッチ®を指導する運動指導者」です。自己検診というと、お風呂上りなどに裸でおっぱいに触れる・観察するのが一般的ですが、なかなか自分でやれないもの。

リンパトーンストレッチ®はストレッチにさりげなくセルフチェックが入り、オフィスやスポーツクラブ、イベントホールなど、どこでもOK!ヨーガや健康体操などの体ほぐしにもピッタリのエクササイズです。もちろん男性がやってもカラダがすっきり。エクササイズでさりげなくセルフチェックを伝える、そんな社会貢献もあるのです。

すべての女性に贈りたいブレストケア

日本の女性は世界でもトップクラスの長寿です。でも、健康で長生きするためには2つが必要。病気にならないことと体力を維持すること。

体力維持は自分の努力で何とかなりそうですが、病気にならないというのは不可能?というのも、ヒトの体内には毎日多くのがん細胞ができているからです。それをやっつけるのが免疫力、そしてそれを担うのがリンパの働きなのです。
病気を遠ざける免疫力を下げないためにも、リンパの流れを良くしておきましょう。女性の乳房は男性よりがんができやすい構造です。おっぱいチェック体操のように、乳房周りの筋肉を動かしながらマッサージを含めたブレストケアはすべての女性への贈り物。毎日をイキイキと過ごせますように!


 

岡橋優子さんの他の記事を見る